【映画】『ルームメイト』

主人公がルームメイトを募集し始める時点で悪い予感しかしない。
僕だっておかんチェックでエロ本が勝手に没収されていく実家には二度と戻りたくない。
血のつながっている相手ですらそうなのに、赤の他人と一緒に住むなんてリスクが高過ぎる。自分が年老いて老人ホームに入り相部屋で暮らさなければならない羽目になったとき、チェッカーズとかAKB48の曲をラジカセでがんがんかけるルームメイトがいたら……ゾッとする。

とにかくブリジット・フォンダが魅力的。彼女の魅力がなければこの映画は成り立たないけれど、それは本当に成功している。
サスペンス部分も手堅くて普通にドキドキハラハラ。何回も叫んでしまって近所迷惑してしまった。
もしルームメイトがいたら僕は窓から突き落とされてしまったことだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です