【映画】『遥かなる勝利へ』

前作『戦火のナージャ』と本作は『太陽に灼かれて』から平行して続く続編というより、『太陽に灼かれて』で描かれなかったことを落ち穂拾いで集めたらめちゃくちゃ膨らんでしまって収拾がつかなくなった印象。いわば壮大なスケールのエコー。
全体を通して観ると支離滅裂な印象だが、点景で素晴らしいシーンがいくつもあったので満足度は高い。
前作と同じく二時間半もあるのに長く感じなかった。自分はこの監督と波長が合うのかもしれない。
自分と全く接点がない登場人物の人生体験を、自分に引き寄せることができる、映画とは本当に素晴らしい表現ジャンルだと実感する。
特に、妻を乗せた列車が出発そして通りすがりの結婚式で主人公が行きずりの女と踊る一連のシークエンスは泣けて仕方なかった。もちろん僕はこんな経験をしたことがないのだが、何故かわかる……わかって仕方がない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です