【本】『火の山』手塚治虫

史実をもとにしたドキュメンタリー漫画中心の短篇集。
表題作「火の山」は、昭和新山の観測にかける男たちについて、手塚氏が実際に取材して描いたもの。
独特のキャラクター、悲劇性が見え隠れ、史実をもとにして描いたものの中ですら消すことのできない手塚氏の個性なのだと実感。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です