【本】『続・性本能と水爆戦』道満晴明

2012年11月9日ぶりに再読。
ハイブロー過ぎて何度読んでも意味の分からない短編もあるが、全体的に乾いた雰囲気が好き。

メモ:
「プージャさん」
天才児のインド人の女の子、数学、世界の仕組み。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です