【本】『ビッグX(全4)』手塚治虫

物語自体は途中で終わったのに、無理やり続いてよくわからないことになっている。
主人公のシャドウであるハンス(美少年)が巨大な醜い姿になり無残な最後を遂げる。いつまでたっても改心することなくエゴを通したためこの価値観の中では当然だが……物語としてあそこで死ぬことは効果的だったのだろうか。
終わりどころを誤ったためにハンスが被害を被ったように思えて仕方がない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です