【本】『サンダーマスク』手塚治虫

珪素生物というアイデア、現在ですら一般的に馴染みがないのに四〇年以上前の少年誌ではどういう反応だったのだろう。これが打ち切りの原因のひとつ? 設定はともかく、展開自体は面白く、もっと広がりそうだったのに一巻で無理やりまとめたのが勿体無い。
この頃の手塚氏は絵の描きとばし感が半端ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です