【本】『空気の底』手塚治虫

何と! 僕の持っている大都社版と半分ぐらい内容が違う……未読の短編(微妙な出来)が増えて、好きだった短編が無くなっている。手塚氏の中で一番好きな短篇集だったのに、全集版はイマイチ。
巻末「ふたりは空気の底に」がこの短篇集で最もSF色が強いからというわけではないけれど、はかなげな雰囲気で一番好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です