【本】『アトム今昔物語(全3)』手塚治虫

一九七〇年前後の日本にアトムがタイムスリップ。アトムと現代(この漫画が描かれた時代)をリンクさせようという試みだろうか?
アトムとバッタ人間をコンビにする意味がわからない。案の定、途中からバッタ人間が話に絡まなくなる。最初からバッタ人間なしでもじゅうぶん話が成立するし、そのほうがシンプルでよかったのでは。
漫画の神様の考えていることはわからない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です