【本】『鉄腕アトム別巻(1)』手塚治虫

いろんな雑誌で掲載されたスピンオフ『鉄腕アトム』を集めたもの。
「アトム二世」アトムが自分を大量生産してアトムの顔をした二世が世界中に、アトム自身は女を百人も囲って王様ぐらし。そのアトムに向かって「イヨー 性戯の味方ーっ!」って手塚氏本人が描いているから許されるようなものの、手塚氏はどこまでもサービス精神あり過ぎる!
「アトムの最後」アトムとしてはあまりにも救いがなさすぎる物語に、『アラバスター』と同時期に描かれたということで納得。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です