【本】『火の鳥(9~10)』手塚治虫

「望郷編」この全集版が、僕が持っていた角川ハードカバー版よりエピソードが多く、いくつかの演出が根本的に違うことに驚く。版によってここまで描き直すものなのか。
ちなみに個人的に僕は「望郷編」はグダグダなうえ感情移入できる相手がいないのであまり好きくない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です