【夢】僕は道なき山道を茨をかき分け山奥の村へ急ぐ。

それは政府関係者と震災の災害状況を視察するためで、与謝野大臣が隣に歩いている。
僕の政権批判を黙って聞いている。
がけ崩れで逃げ道を失った村は孤立している。
何が必要か村人に聞き取り調査をする。
帰りは、時間がないので村にヘリコプターを呼びふもとへ飛んで移動。
急いでヘリコプターを発進させたせいか、何故か僕の足元の床がない。
風で飛ばされて落ちないよう僕はずっと椅子にしがみついている。
ヘリコプターは僕を地元の災害対策本部に降ろし、政府関係者をピストン輸送するため、また村へ戻る。
災害対策本部でしばらく、近所のおっちゃんの指示で材木や板などを運んでいる。
あらかた仕事が終わり、手持ち無沙汰になった僕はスーパーマリオをしながら時間を過ごす。
僕は工事関係者と四人、夜も寝ずに交代で遊んでいる。
僕とマリオか区別が付かなくなり、いつの間にか僕は工事現場の土管の中を上り、天上に浮かぶコインを、空飛ぶ雲に乗ってたくさん手に入れる。
唐突に敵に触れ、僕は死ぬ。
地面に向かって真っ逆さまに落ちていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です