【夢】「望狩りしようぜ!」

冗談交じりに友達が何度も叫んでいる。
場所は何処か知らない海辺、中学生の僕は日記ノートを手に持ち、クラスメイトから石を投られ走って逃げている。
波に足を取られて倒れる。
みんなの投げた石が当たりそうになる。
「望狩りしようぜ!」
日記ノートを握って奪われないよう、後ろ手に隠す。
ノートは海中でびしょ濡れ。
「やめてくれ!」

自分の絶叫で目を覚ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です