【本】三方 行成『トランスヒューマンガンマ線バースト童話集』

童話を最新のSF的ガジェットで描くという、出落ち感はあるけれど新しい試み。
出落ち感を払拭するためには、物語の新解釈、SF的ガジェットだけでない筆者の持っている物語の強さが要求されるのだが、SF的ガジェットのほうが筆者の物語より上回っている。
設定だけSFだが物語的としてはSFではない、スター・ウオーズのような懐かしいタイプのSF。

僕自身が童話をSF的志向で描こうと考えていたので参考に読んでみたのだが、方向性が違っていてホッとした。

コメントを残す