【映画】『グッバイ・クリストファー・ロビン』

くまのプーさんの登場人物であるクリストファー・ロビンは原作者ミルンの実在する息子だった。有名になりすぎたロビンは学校で過酷ないじめを受け……う〜んこれは僕の観たくなかったプーさんにまつわる話だ。
プーさんを見る目が変わる。

いま「くまのプーさん」原作を読んでいる最中なのに、どうしても映画中の階段から突き落とされていじめられてるロビンが頭に浮かんでしまう。
プーさんの挿絵に描かれた幸せそうなロビンも数年後には……と思ったら楽しくなくなってくる。

にしても、この映画の暴力的なまでのハッピーエンドはなんだ。
帰ってきたロビンを見て、彼の家族ともども僕も涙を流したけれど………こんなん泣くに決まってるけど……「涙強盗」に涙を強要されているみたいで納得がいかない。
お互い理解できなかった別れから、もう少しプラスアルファが欲しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA