【映画】『アンロック/陰謀のコード』

何も期待せずに新作だといこうとだけで借りて観たら、思いがけず面白かった! 
次から次へと裏切りが続き、誰が主人公の本当の味方かわからなくなってくる。
ここまで行くとフィリップ・K・ディックの小説の中の悪夢世界みたいだ。

そういえばオーランド・ブルームを久しぶりに観た(端役で出演)。
初めて彼を映画館で観たとき
「ファンタジー世界から抜け出した本物のエルフみたい!」
と僕と同伴していた女性がうっとりしていて、僕は「けっ!」と思ったものだが、今の彼はヒョロヒョロしわくちゃタレ目の冴えない中年男で、犬を混ぜたフランケンシュタインの怪物みたいだった。

コメントを残す