【夢】修学旅行で山荘に宿泊。

自由時間に僕と友達は山荘の外を散策している。
山荘は急な斜面の上端に立っている。
斜面は数十メートルぐらいの高さの谷になっていて、向こう側斜面のこちらと同じくらいの高さから上は森になっている。
その森の中からちぎれたライオンの腕がポーンと飛んでくる。
見ると、森の中から何匹かライオンが出てきてこちらを見ている。
(ライオンの腕が飛んできたのはライオンによる威嚇行為?)
やおら斜面を駆け下り、こちらに向かって走ってくる。
僕らは慌てて山荘に戻ろうとする。
斜面の端にある山荘はいつの間にか押入れになっていて、押入れの二段目には布団がたくさん積んでありその奥に通路が見えている。
その通路目指して押し入れに入ろうとするが、布団が雪崩のように崩れ落ち、中に入ることができない。
ライオンは背後から迫ってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です