【描き方】仕事部屋(2004年春・中野坂上)

今回はのぞむの仕事部屋をのぞいてみることにしましたよ。
おしっこおしっこ。
(2004年春)
DSC09615

これがのぞむの仕事部屋です。
汚くてすみません、片づけるのが苦手なのです。
左側の机がアシスタント専用の机で、右奥がのぞむの机、右手前の机がスキャナ・プリンタ等を置いている作業机です。
奥が流し。
DSC09634
仕事部屋

ちなみに逆から見るとこんな感じ。
奥の部屋が寝室です。
DSC09644
仕事部屋(逆バージョン)

仕事机を順に見ていきましょう。
机は幅120センチあり、かなり余裕を持って仕事ができます。
机の右端に置いているのは耐水用の持ち運びできる液晶テレビです。
お風呂でも見ることが可能。
一昨年スピリッツの忘年会のビンゴ大会で一等当てました。
これで運を使い果たし、連載の話がなくなったのですが‥‥
時計と温度計を前の壁にかけています。
DSC09645
のぞむの机

のぞむの机の上を拡大します。
トレース台は幅60センチとかなり大きいです。
今やこれ抜きで仕事ができません。
トレース台の奥にマックのディスプレイ(液晶テレビ兼用)があります。
ちなみにマックはG4で400MHzです。
3年前購入しました。
最初はほとんど仕事に使うことができず、主にネット専用でした。
現在このマックでネットにつなぐことはあまりありません。
DSC09628
のぞむの机(拡大)

漫画を描くとき主に使っている画材です。
インクはPILOTの製図用インク。
ペン先は主にGペン。
細かい絵を描くときに時々スクールペンを使います。
2〜3年前までは主に丸ペンを使っていましたが、現在は滅多に使うことはありません。
ネームを描くときは鉛筆の三菱ハイユニ(濃さはF)を使っています。
何故鉛筆かというと、線を強弱つけてのびのびと描くためで、シャーペンは芯が細くて力を入れて絵を描くと折れてしまうのから。
シャーペンは主にセリフなど文章を書くときに使います。
ホワイトはMAXONのCOMIC INK WHITE。
枠線は0.7ミリの太さのロットリングペン。
原稿用紙はトレースしやすいように薄出の110kgMAXONマンガ原稿用紙。
DSC09629
のぞむの机(画材)

作業机です。
この机にはスキャナとプリンタをそれぞれ2台ずつ置いています。
そしてノートパソコンでスキャンした画像を処理します。
ノートパソコンはパワーブックG4で550MHzです。
2年前購入しました。
スキャナはA4サイズまではエプソンGT-7300U、
B4サイズ以上はエプソンES-8500。
プリンタはA4サイズまではインクジェット式のHP957c、
B4サイズ以上はレーザープリンタのエプソンLP-8900。
設備投資はかなりかかります。
DSC09638
作業机

ここは主にアシスタントが使う机です。
横に自作のウィンドウズのパソコンを置いています。
2.4MHzで近々デュアルにするつもりです。
棚の上には今まで描いた漫画の生原稿やネームが汚くファイルされています。
DSC09639
アシスタントの机

資料を入れている棚です。
手前の棚には車輪がついているので自由に移動させることができます。
よく読む漫画資料が入れてあります。
『コブラ』『バガボンド』『ベルセルク』『ヒミズ』『AKIRA』など。
DSC09640
資料棚

奥は寝室です。
押入れには数千冊の漫画の本が整理もせずに詰まっています。
DSC09631
寝室

汚い部屋ですみません。
心を入れ替えて片づけたいと思ってはいるのですが‥‥


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です