【日記】17年03月22日(水) 体重65.2kg

七時起床。
朝、パソコンのデータ整理。
正午に家族で家を出て、寺へ向かう。

一三時半から一四時過ぎまで葬式。
●の棺桶に花を入れる。
家族みんなが泣いている。
僕は悲しみの感情より、生前自分が●に対して無関心だったこと、意地悪をしたことなど思い出して罪悪感でじくじくと心が痛み……涙どころではない。
火葬場へ向かう。
台車に載せられた棺桶が炉の中へ入っていく。
二時間ほど待ってから一六時四五分より納骨。
人生で何度経験しても納骨に慣れることができない。
さっきまで人間の形をしたものが、白い骨に変化していることの非現実感にぼんやりしている。
三日前まで動いて声を出していてあたたかさを手で感じることができたのに。
骨に達した病気の影響で脊髄が変色してねじ曲がっている。
身体の真ん中がこんな状態だったらさぞ痛かっただろうに、僕はわかってあげることができなかった。他人事として見ていた。
バラバラに砕いた骨を箱に入れる。
人間どんなにもがいても何をやっても最後はここに至ってしまうんだと思うと無力感で茫然としてしまう。

火葬場からまた寺へ向かい、骨を預かってもらう。
一八時に近所のレストランに入り食事。
一九時頃帰宅、のろのろと帰宅する用意をしている。
二三時布団に入るがなかなか眠ることができない。
 

この日ほか記事一覧

      記事が見つからへんねんな〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です