【映画】『ドニー・ダーコ』

数年前に鑑賞、もう一度観てみたが前回同様やっぱり意味がよくわからなかった。
詳細にメモして時系列順に情報を並べていってもなお、ミッシングリンク(情報の穴)が大きい。
そもそもこの映画を理解するために必要な情報を監督がちゃんと語ってない。
しかし公開から一〇年以上経ってもこの映画がこれだけ高評価なのは、映画全体の見映え自体は抜群の完成度で、それが一種の担保となって、ちゃんと観れば理解できるように思わせているからだろう。

青春映画としてみると、まだ若かりし頃、自分とセックスと世界と終末が全て連動していた……そんな時代のことを思い出して甘酸っぱい気持ちになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です