【本】『うどん キツネつきの』高山羽根子

タイトルや表紙からして面白そうで、実際、読んでいて実に肌に合う読み心地。
書かれている言葉も難しいわけではなく筋も難しくない。
ところが、物語が閉じられたときになってはじめて自分が理解していなかったことに気づく。
いくつかある短編のすべて最後にはぐらかされてしまった。

ずっとお互い好きだと思っていた(つもりだった)女子に告白したら振られたような、悲しい気持ち。

付記:個人的には「母のいる島」が一番面白かった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です