【映画】『デッドマン・ウォーキング』

一五年前に観たときも、すっきりしないぼんやりとした印象だったが、今回も同じ印象。

監督は死刑制度反対の立場らしい。
だからこの映画は「死刑囚がどんなに悪いやつだとしても、人の命を奪うこと(死刑)はよくないことだ」という作りなのだろうけど……死刑囚があまりにも悪いやつ過ぎて、どうしても被害者遺族側の視点でしか観ることができない。
死刑囚側に寄り添う主人公(シスター)のすることが空回りしていて感情移入できない。

彼のあそこまでの悪あがきをみていると、死を持って罪を償うこと以外に何ができるのだろうか。
実際、死の間際にしてようやく真実を語った(人間性を取り戻した)わけだし。
そこからの、死刑執行のシーンで「ようやく死んでくれた!」と僕がカタルシスを感じようとしたら、スカッとしない死に方。

やっぱりもやもやする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です