【日記】14年12月31日 体重58.4kg

六時起床。
五時に起きるつもりだったけれども、暖かさで布団の中でうたた寝している間に時間が過ぎてしまう。
教訓:暖房のタイマーを目覚まし代わりにセットしていると逆に眠気を誘う。

午前中は滞っていたホームページの更新。

一四時二三分より墓地公園へ向かい五〇分ジョギング。
ゆっくり坂を登ったり下りたり、大晦日に駆け込みで墓参りしている人たちとすれ違う。
Mike Oldfieldのアルバム「Incantations」を聴きながら走る。
天上から照らす一条の光を音に変換するとこういうものだろうか。
山から見下ろす平野が霞んでいて、音の響く空間を漂うように走っている。

夕方、ひさびさに据置型テレビゲームを始める。
四年前に購入したプレイステーション3を初めて起動、FINAL FANTASY13をプレイ。
一〇年ぶりの(九年前にFINAL FANTASY12を二時間でやめた)本格的なFF。
圧倒的な迫力のムービーから始まり、またそれはFINAL FANTASY7と似ているが、もはや驚きはない。
主人公の女性ライトニングが反重力テクノロジーを使って空を飛ぶが、それはエリア間を移動するときムービーで使用するのみ、プレイヤーは操作することができない。
ジャンプはジャンプできる目印のあるところでしかジャンプできない。
自由度が低い割には、プレイ中いったんとめてステータス画面を見ないとわからない複雑な物語世界。
漫画で言えば、単行本のおまけページで世界観を詳細に語らず、物語でちゃんと語れよ!という感じ。
三〇分ほどプレイして、自分はボタンを連打しながらムービーをみているだけ、ということに気づく。
行動範囲が若干ある映画として見るべきか、行動範囲が極めて狭いゲームとしてみるべきか。
……どちらにしろ初期のFFが持っていた期待感のようなものは失われている。

そのまま映画『アクト・オブ・キリング』を観る。
ゾワゾワした気持ちのまま二三時就寝。

               ◇

こんなもの食べた! 14年12月31日

こんな映画を観た! 14年12月31日
【映画】『アクト・オブ・キリング』:DVDで鑑賞。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です