【映画】『女ガンマン 皆殺しのメロディ』

冒頭でレイプされた(ラクエル・ウェルチ演じる)ハニーは、ポンチョを羽織るが上半身は裸、下はピチピチの革パンツ……という格好で旅に出る。
そんな随所のヘンテコ演出が、物語自体は綺麗にまとまった復讐譚なだけに印象に残る。
特にラスト、ハニーが危機に陥ったときに助けに来る謎の黒ずくめのガンマンは何なんだ?
そのあと説明がないまま唐突にエンディングを迎える……これは、キューブリック映画みたくあえて説明を抜くことで神秘性を増させる効果だろうか?

僕の中でアーネスト・ボーグナインは、何故かルイ・アームストロングと名前がごっちゃになる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です