【映画】『荒野の決闘』

ドク・ホリディ、ワイアット・アープ、OK牧場、西部劇を観ることのない僕でも聞いたことのある固有名詞が飛び交う。
この映画の中の「OK牧場での決闘」事件は実際にあったことであり何度も映画で再現されているようで(この物語では止むに止まれぬ正義のための戦い風に描かれているが史実は全く異なるようだ)、きっとアメリカで語り継がれる大事な物語なのだろう。
日本で言えば「赤穂浪士」のようなものだろうか。
日本の物語が封建的な敵討ち、アメリカは無法者同士の銃の撃ち合い、というのがそれぞれのお国柄を表しているように思える。

荒野に浮かぶ雲がダイナミックで印象的だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です