【映画】『インドへの道』

結婚に悩んで揺れているイギリス人女性(主人公)が、インドの持つプリミティブな力に圧倒されさらに情緒が不安定になる話……だと思う。

後半の法廷シーンでもっと盛り上がりそうなものなのに、僕の中でいっこうに盛り上がらない。
主人公がインド人医師に洞窟で襲われたか襲われなかったか……真相は「藪の中」的なミステリ展開にだったらまだ納得がいく。
しかし観客には完全な客観的事実を観せているので、そこで盛り上がることはない。

ということで主人公が何故あんなことを言ったかという点に興味が集中するのだが、そのみせ方があやふやで歯切れが悪い。
演出意図が理解しがたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です