【本】『2001年宇宙の旅』アーサー・C・クラーク

人物の内面描写の希薄なことに驚く。
大きな宇宙で人類が寄る辺もなく孤独に生きている姿を描くため、象徴的に描かれるはずの主人公の内面がほとんどうかがい知れない。
彼の過去や現在もほぼ書かれていないに等しい。
葛藤も表面的なものは描かれるが、その奥にある彼の背景は全く見えてこない。
ああ、昔のSFってこんな感じだったよなあ……中学時代むさぼるように読んだ黄金時代と呼ばれていた頃の代表的なSF小説を思い出す。

映画版ではよくわからなかったモノリスを作った知的生命体の素性について、ここまで描く意味があるのかというぐらい詳細に描かれていた。
最近のSFならここまで手の内を明かさないだろう。
僕はある程度手の内を見せていただいたほうがありがたかったりするのだけれども、それ自体、自分がそれなりに古い人間になってきたということか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です