【NHK放送のドキュメンタリー】『プロフェッショナル仕事の流儀 特別編 映画監督 宮崎駿の仕事』

NHKで放送されたドキュメンタリー番組。
前編と後編にわかれていて、放送した前編を中心に再編集したものが後編。

後編は「引退の真相について明かされる……」というようなあおりが入るが、決定的な引退のきっかけになる出来事はなく、宮﨑氏が口にする引退を意味するキーワード中心に構成したもの。
前編と重複する情報が多く、取材の総量は多くないのではないか?と疑ってしまう。

アニメーターを罵倒したり、震災直後に声を荒げて怒ったかと思うとパンを差し入れしたり、髪をかきむしってコンテに悩んだり、老いについて自問したりする宮﨑氏。
同じスタジオジブリを扱った『夢と狂気の王国』に比べると、宮﨑氏のむき出しのエゴが出ている点でポイントが高い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です