【映画】『ポリス・ストーリー/レジェンド 』

『ミッション:インポッシブル』と『ダイ・ハード』と『羅生門』を足して3以上で割ったような印象。
スリリングで(ジャッキー・チェン映画にしては)新鮮な表現があって面白い。

犯人があまりに妹に執着するため、実は妹の恋人が兄だった……という近親相姦的な内容かと思っていたのだが、さすがにジャッキー映画、そこまで非道徳的なことはやらないようだ。

ジャッキーの回想で登場する誘拐犯と銀髪の男が本筋と何の関係もないことに驚かされる。
伏線すぎる伏線ってのは今まであったけど、伏線っぽく出してはぐらかすとはジャッキー映画にしては高度なことをする!

ジャッキーにしてはシリアスな内容だったが、相変わらずクライマックスはここまでやるか!と思うぐらいのサービス過剰な演出の連続。
滑り台で地下へ降りていくシーンには爆笑してしまう。
そしてエンドロールのNG集……やっぱりいつも通りのジャッキーで安心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です