【映画】『カプリコン・1』

何か憎めない映画。
中学の頃テレビで観て以来、何度も繰り返し観ている。

宇宙飛行士の監禁場所からの脱出、記者の宇宙飛行士の行動を先読みするような行動……などなど緩くて笑ってしまう展開もいくつかあるが、娯楽作と考えると許容範囲内。

O・J・シンプソンが普通に演技していることが少し面白い。
ヘリコプターから追われているシーン、妻を殺した容疑で逃げていたときのカーチェイスもこんな感じでヘリコプターから追われていたのかな、と思う。

そういえば最後にとっておきの話だけれども、
象に浣腸する男がいて……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です