【本】『厭な物語』アガサ・クリスティーほか

マシスンの息子がすでに還暦を過ぎていることに驚く。
彼の収録作品「赤」、たった四ページの鮮烈な印象! 
ちなみにここで編まれた物語の半分は既読だった。
どんだけ厭な物語好きなんだ自分。

メモ:
「崖っぷち」アガサ・クリスティー
「すっぽん」パトリシア・ハイスミス
「フェリシテ」モーリス・ルヴェル
「ナイト・オブ・ザ・ホラー・ショウ」ジョー・R・ランズデール……イヌを引っ張って走る車
「くじ」シャーリイ・ジャクスン
「シーズンの始まり」ウラジミール・ソローキン
「判決 ある物語」フランツ・カフカ
「赤」リチャード・クリスチャン・マシスン
「言えないわけ」ローレンス・ブロック
「善人はそういない」フラナリー・オコナー
「うしろをみるな」フレドリック・ブラウン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です