【映画】『パトリオット・ゲーム』

イギリスでIRAのテロに巻き込まれた情報分析官ジャック(ハリソン・フォード)は、テロリストの恨みを買い、家族を執拗に狙われるようになる……

情報分析官を映画の中でわかりやすく描くことがよほど難しかったのだろうか、そこを主眼にしないでただのアクション映画に仕上げるところがいい意味でも悪い意味でもハリウッドっぽい。

全く知性を感じさせないジャックの行動。

反射的に事件に飛び込んでいき、銃撃戦、乱闘、カーチェイス……そして最後は荒れ狂う海でボート上での殴り合いだ。

肝心のお仕事である情報分析のほうは論理的思考を積み上げて推理していくわけじゃなくて、フラッシュバックで蘇る自分の映像記憶&勘が頼り。

ハリソン・フォードが活躍する他のアクション映画との差がわからない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です