【映画】『がんばれ! ベアーズ』

地元少年野球の弱小チーム「ベアーズ」は勝つことの喜びを次第に知っていく……

監督が、知り合いの女子豪腕ピッチャーを連れてきてレベルアップ、運動神経抜群の不良を連れてきてまたレベルアップ。

チームの他のメンバーの練習は適当。
葛藤は描くが成長するところはあまり描かれない。
現代のハリウッド映画ほど、精密な伏線の積み上げが見られない。
ただ段取りっぽくなく、精密でないところがかえってリアルだったりもする。

チグハグな映画だな〜と思って観ていたら最後の最後でそれぞれの葛藤がある程度解決して終了。
監督と女子と不良以外はあまり成長しなかったが、終わりよければ全てよしってことで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です