【映画】『バードケージ』

オカマバーのオーナーとパートナーはひょんなことから授かった息子を育てている。
二〇歳になった息子は結婚したいと言いだす。
二人は息子のために、オカマであることを隠し身分を偽り、相手家族(堅物の政治家)を自分の家に招待するが……

ヨーロッパで公開されたミュージカルおよび映画をハリウッド化したもの。

コミニュケーションすれ違い型エスカレーションドタバタコメディ。
ネタはよく出来ているのだが、それ自体で完結していて、現実に生活している僕とつながりを感じることが出来ない。

三谷幸喜氏の映画を観ているときと同じ「面白いは面白いんだけどな〜……」という絵空事な印象。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です