日別アーカイブ: 2014年5月9日

【食】14年05月09日

朝食、鶏モモの甘辛炒め、シソと生ハムとアボカドとトマトとサラダ菜のサラダ。
2014-05-09_052519_2.jpg

昼食、焼きそば、サーモンと玉ネギのマリネ、肉団子とトマトのサラダ。
2014-05-09_120149.jpg

おやつ、シロップがけ豆腐。
2014-05-09_163146.jpg

夕食:sempre pizzaにて、ポテト、マルゲリータ、パンナ。
2014-05-09_174825.jpg

2014-05-09_175612.jpg

【本】『藤子不二雄SF全短篇 (第1巻) カンビュセスの籤』藤子不二雄

一九五〇〜六〇年頃アメリカで流行った小説ジャンル「奇妙な味」の漫画化を藤子・F・不二雄氏が試みたものと解釈。
価値観のズラシで、極端(あるいは象徴的)な状況を作って、主人公が目的を達成しようと努力するが、報われない/皮肉な結果に終わる、バリエーションが比較的多い。
「ミノタウルスの皿」は食の価値観のズラシ、「ウルトラスーパーデラックスマン」は正義という概念のズラシ……など。
どの価値観をどんな状況でズラすか、という部分がこの短篇集の核。F氏の独創性と職人的テクニックが起こした奇跡のような化学反応。

「ミノタウロスの皿」「カンビュセスの籤」「劇画・オバQ」「分岐点」「ウルトラ・スーパー・デラックスマン」が個人的に好み。

【映画】『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

一五年ぶりに再鑑賞。ウィル・ハンティング君に彼女がいたことすら忘れていた。
この頃のベン・アフレックは印象が残らないタイプの男前。やさぐれ雰囲気の今のほうがよっぽど魅力的。
記憶力や数学的能力が高いことと、独創的な発想力は別だと思う。漫画家で言えば小畑健氏と手塚治虫ぐらい違う才能。ミュージシャンで言えば美空ひばり氏と桑田佳祐氏ぐらい違うことなのにごっちゃにされても……

タイトルの最後に「/旅立ち」をつけるセンスが死ぬほど嫌い。

【日記】14年05月09日 体重62.3kg

朝五時起床。
片付けが終わったので気持ちよく仕事部屋に入ることができる。
朝食、朝食、鶏モモの甘辛炒め、シソと生ハムとアボカドとトマトとサラダ菜のサラダ。

朝八時二〇分より公園を三七分ジョギング。
青空が気持ちよい。今日は心持ち暑い。
Genesisのアルバム「Selling England By The Pound」を聴きながら走る。
ああ、このフレーズが好き……と思い始めるとたちまち嫌いなフレーズに展開してこれはいやがらせか?と思う。
かゆいところに手が届かない。

午前中、漫画のプロット整理。
何冊かの資料を読み比べている。

こんな本を読んだ!
『藤子不二雄SF全短篇 (第1巻) カンビュセスの籤』藤子不二雄

昼食、昼食、焼きそば、サーモンと玉ネギのマリネ、肉団子とトマトのサラダ。
午後はプロットの続きと、ネーム。
おやつ、シロップがけ豆腐。
うとうと昼寝をしていると、外は激しい雷雨。
窓の外に見える街路樹が暴風雨で弓なりになっていて不安になるぐらい。
夕方、晴れてきたので外出。
図書館で資料を借り、ショッピングモールで買い物。
sempre pizzaにて夕食、ポテト、マルゲリータ、パンナ。
自宅へ帰る途中、夕日が反射してまばゆく橙色に光る団地が美しくて、しばし立ち止まる。

DVDで、こんな映画を観た!
『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』

布団の中で本を読んでいると眠くなってくる。
二三時就寝。