こんな日記を書いた!」カテゴリーアーカイブ

肉体的精神的にメタボらないよう、レコーディングダイエット風に毎日を記録しています。

【日記】14年03月のこと

14年03月1日 体重60.7kg

八時半起床。
朝食、カレーライス、ソーセージとトマトとレタスのサラダ。
漫画の下描き開始。
昼食、トマトと鶏肉のパスタ。
夕食、トマトとほうれん草とシーチキンのサラダ、キノコと長ネギと鶏モモの炒めもの、ネギ豆腐。
結局、一日で下描きを仕上げることができなくなった。
スピードというより集中力の問題。

DVDにて映画鑑賞。
『追いつめられて』
何でやねん! 気づけよ! そんなん言うたらあかんやろ! ……と「志村後ろ!」状態で観ていた。ツッコミどころはあるけどそういうところも含めて楽しめた。ラストのドンデンはいらん。ドンデンドンデン!

   *   *   *   *   

14年03月2日 体重61kg

五時起床。
朝食、トマトとほうれん草とシーチキンのサラダ、キノコと長ネギと鶏モモの炒めもの、ソーセージ、トマトと鶏肉のパスタ。
朝より、漫画の下描き。
昼食、トマトとほうれん草とシーチキンのサラダ、カレーうどん。

夕方になってようやく下描き完成。
効果線や背景も含めると一ページ二時間というところか。
プリントアウトしてペン入れを始める。

夕食、ネギ豆腐、スモークサーモンとトマトとほうれん草とシーチキンのサラダ、蒸し芋。

   *   *   *   *   

14年03月3日 体重60kg

八時起床。
朝食、蒸し芋、小籠包、スモークサーモンとソーセージとトマトとレタスのサラダ。
ずっと朝からペン入れ。
昼食、夕食を作る精神的な余裕がなく、お菓子を買ってきて食べる。

ペン入れ集中できず、ようやく夕方ペン入れを終わらせることができ、仕上げに入る。

   *   *   *   *   

14年03月4日 体重60kg

八時半起床。
朝食を食べず、ずっと原稿の仕上げ。

自転車で外出、一〇時半より大泉学園の歯医者へ。
歯医者で、美人女医さんが何回も歯の詰め物の型を取るのに失敗、何回もガリガリ削る。
最初は痛くなかったのに、最後は神経がむき出しになったのか痛くなってきた。
最初はほっぺに手を触れて胸が頭にあたりちょっとペッティングみたいやな〜と浮かれていたのに。
三回目の失敗で、女医さんはとうとう先輩医者を呼んできた。
続きをやらされた先輩医者、その間も僕の歯は削られどんどん小さくなっていく。
たとえかわいくてもドジっ子の医者はちょっと……

買い物してから帰宅。
昼食、煮玉子鶏モモつけ麺。

ようやく原稿完成、脱稿。
引き続き、H氏のコラージュの仕事に入る。

夕食、鶏モモの炒めものと煮玉子とトマトとレタスのサラダ、ネギ豆腐。

読んだ書籍。
『宇宙はこう考えられている: ビッグバンからヒッグス粒子まで』青野由利
宇宙の九割以上は正体不明のエネルギーと物質で占められていて、その正体についてはまだよくわかりません、という内容。かってダークネピュラDark Nebulaと呼ばれた暗黒星雲は宇宙空間に漂う塵で星の材料だと言われていたんだけど、ダークマターやダークエネルギーってよくわかっていないという意味でのダークで、根本的に別物なのか。僕が地学を勉強していた時代から二〇年で凄まじい進歩があったわけだな。

DVDにて映画鑑賞。
『シェーン』
「シェーン、カムバック!」というタイトルはそれ自体がネタバレなのでありえない!と今まで勘違いしていた。タイトルはシンプルな『シェーン』だった。

二三時頃就寝。

   *   *   *   *   

14年03月5日 体重61.1kg

七時半起床。
朝食、豚肉煮玉子つけ麺。
昼食、シソとサーモンと豚肉の炒めものとトマトとレタスのサラダ、小籠包。
夕食、鮭とジャガイモの炒めもの、生ハムとトマトとレタスのサラダ。
コラージュのラフを送り、OKが出たので仕上げて脱稿。

DVDにて映画鑑賞。
『ビザンチウム』
………みんな勝手な話だなあ。

二三時就寝。

   *   *   *   *   

14年03月6日 体重61.7kg

数日前、某アイドルグループを漫画に描いたら、夢に見る。
彼らのコンサートのゲストが自分で、しりとり歌合戦のコーナーで某アイドルグループの歌をうたうのだが、僕は一曲も知らないので会場がいやな雰囲気になるのだ。
描いたものがすぐに夢に出る自分のわかりやすさに驚く。

九時起床。
朝食、煮玉子とアボカドと生ハムとトマトとレタスのサラダ、鮭とジャガイモの炒めもの。
昼食は中途半端な時間なので食べない。
夕食、サツマイモのケーキ、ソーセージとスモークサーモンとトマトとレタスのサラダ。

DVDにて映画鑑賞。
『ワイルドバンチ』
登場人物が濃いおっさんばかりで息抜きできない。画面越しに男フェロモンがにおってくる。

二三時前に布団に入ったがなかなか寝付けず、午前〇時すぎまでモゾモゾしている。

   *   *   *   *   

14年03月7日 体重61kg

八時起床。
今まで仕事でできなかったことを整理している。
朝食、サツマイモのケーキ、ソーセージと煮玉子と生ハムとトマトとレタスのサラダ。
昼食、パン、生ハムとトマトとレタスのサラダ。
夕食、ネギ豆腐、トマト、ささみのケチャップ炒め。

読んだ漫画。
『タイガーブックス(1)』手塚治虫
収録作「タイガーランド」はライオン・キングの虎バージョン。動物の国が人間社会の比喩にしても、やっぱり、虎が他の動物を食べないことに違和感がある。なのに魚は釣って食べるというのは魚差別じゃないのか?

『タイガーブックス(2)』手塚治虫
巻頭の「悪右衛門」のキャラクターが魅力的。悪くても筋が通っていれば美学になるのか。いきなりバッサリ終わったり全体的に実話っぽい短編が多い。

『タイガーブックス(3)』手塚治虫
「カノン」「雨降り小僧」に心を揺さぶられる。大切なものを失ってもう手に入れることができない喪失感は人の心に訴えかける何かがある。2巻とうってかわってこの巻はフィクション要素が強い。

『タイガーブックス(4)』手塚治虫
「るんは風の中」は架空彼女ものだがちょっと変わった展開で興味深い。前巻からの揺り返しか、実話的なあるいは自伝的な短編が多く、起承転結に基づかないラストは居心地が悪い。

『タイガーブックス(5)』手塚治虫
再びフィクション要素が強い短篇集。「二人のショーグン」のいい加減なラストで不安な気持ちになる。ハッピーエンドっぽいけど確信させないってどちらに感情を持っていけばいいんだよ。逆にラストの「てんてけマーチ」の唐突なハッピーエンドは安心はするけれど深みをあまり感ない。漫画ってバランスが難しい。

『タイガーブックス(6)』手塚治虫
フィクション要素が強い短篇集。「海の姉弟」のタイトロープを渡るような危ない展開にドギマギする。半歩足を踏み外せばとんでもないところに落ちてしまいそうだ。手塚氏はこんな問題作をサラっと描いてしまうから、読んでいて気を抜くことができない。巻頭「山太郎かえる」の擬人化された機関車とクマの友情譚、手塚氏の発想は幅が広すぎる。

『タイガーブックス(7)』手塚治虫
巻頭「グロテスクの招待」はロバート・F・ヤングを彷彿とさせる視覚イメージ先行型・奇妙な味の短編。この短篇集は特に統一感なく雑多な作品が集まっている印象。

『タイガーブックス(8)』手塚治虫
「こじき姫ルンパネラ」は流行りごとにめっぽう弱いという手塚氏の特徴を寄せ集めたような短編。そういうものを描くことのリスキーさはじゅうぶんわかっているはずなのに、若い人に張り合おうとしてか手塚氏は時折暴走して、とんでもない作品ができてしまうことがある。時に大当たりすることもあるが、この作品に限っては手塚氏の弱点がより多く見えるような気がする。

『マアチャンの日記帳』手塚治虫
手塚氏は「仕事量がふえればふれるほど、ミニコミ誌もひきうけるくせがあって」、あの連載量のなかPR誌や新聞に単行本も残らない細かい漫画をたくさん描いていたという。にしても「おはよう!クスコ」ってどんなタイトルだよ、クスコって膣鏡じゃないか! 

DVDにて映画鑑賞。
『SHORT PEACE』
……「武器よさらば」だけで一本の長編映像作品にすればよかったのに。

二三時就寝。

   *   *   *   *   

14年03月8日 体重61kg

八時起床。
朝食、スモークサーモンとトマトとブロッコリのサラダ、サツマイモのケーキ、ささみのケチャップ炒め。
今日も昨日と同じく最近仕事で出来なかった事柄を整理。
昼食、トマトとスモークサーモン、たらこパスタ。

一四時半よりユナイテッド・シネマとしまえんにて映画鑑賞。
『リディック: ギャラクシー・バトル』
1( ピッチブラック )のリメイク? よくよく考えるとこの監督は壮大な物語を紡ぐというより、限定された空間から脱出するアクション、人間の駆け引きに特色ある人なので、こういう作品を作ることに矛盾はないのだけれども……じゃあギャラクシー・バトルという副題は言いすぎだろう! 2がコケたので1並みに製作費を下げられて仕方ないかもしれないが。もはやリディックの夜目が効くという設定は意味を成していない。

業務用スーパーで買い物して帰宅。
夕食、焼売、ネギ豆腐、シソと生ハムとトマトとレタスのサラダ。

読んだ書籍。
『宇宙はこう考えられている: ビッグバンからヒッグス粒子まで』青野由利
宇宙の九割以上は正体不明のエネルギーと物質で占められていて、その正体についてはまだよくわかりません、という内容。かってダークネピュラDark Nebulaと呼ばれた暗黒星雲は宇宙空間に漂う塵で星の材料だと言われていたんだけど、ダークマターやダークエネルギーってよくわかっていないという意味でのダークで、根本的に別物なのか。僕が地学を勉強していた時代から二〇年で凄まじい進歩があったわけだな。

読んだ漫画
『未来人カオス(全3)』手塚治虫
手塚氏の一九五〇年台の長編に先祖返りしたかのように、個々のエピソードに関連性があまりなくいたずらに扇情的。主人公とシャドウであるライバルの対比は面白いがせっかく接点を持ってもあっさりと離れ離れ、互いに影響を与えあうこともない。週刊少年誌で自分お得意のSFを連載ということで気張りすぎたのか? 打ち切りになったのでこの後どういう収拾を図ろうとしたのかわからないが、『ジャングル大帝』『タイガーランド』にしても手塚氏は友情の描きかたが理想主義的、観念的に過ぎると思う。

二三時就寝。

   *   *   *   *   

14年03月9日 体重60.8kg

八時起床。

新垣結衣に惚れられてしまう夢をみた。
彼女から積極的に迫られてしまったのだが自分に自信がない僕はすげなく追い返してしまうのであった……夢の中でも駄目!

朝食、小籠包、鶏モモのオリーブ油ニンニク炒めのせトマトとレタスのサラダ。
昼食、マグロアボカド丼、タコとサーモンと玉葱のマリネ、サツマイモ。
夕食、生ハムとソーセージとトマトと、レタスのサラダ、サツマイモ。

夕方、思う所あって、DSLLとドラゴンクエスト5購入、プレイ開始。
読んだ漫画。
『アバンチュール21』 (手塚治虫漫画全集 (136))
手塚治虫
ウサギの改造人間の耳男(みみお)というそのままなネーミングに受ける。その理屈ならヘビ人間だったら首男でハダカデバネズミ人間なら歯男、キウイ人間なら金玉男だ。

DVDにて映画鑑賞。
『ロボコップ 』
あらためて観ると確かにサイボーグではない。死体の新鮮な部分(頭部)を使っているだけなので人造人間≒ロボットということか。自我を取り戻したというが、ふとしたきっかけで消したはずのデータ(生前の記憶)が出現して暴走しているわけだから普通にこれは故障だ。ノートン先生使えばよかったんだよ。経年劣化した部分を差し引いてもよく出来た悪趣味。バーホーベン氏らし過ぎる。

午前二時半就寝。

   *   *   *   *   

14年03月10日 体重60.8kg

八時起床。
朝食、ソーセージとトマトとレタスのサラダ、サーモンアボカド丼。
昼食、ホットケーキ。
夕食、小籠包、トマトとアボカドとレタスのサラダ。

ドラゴンクエスト5にハマっている。

DSでドラクエ、戦闘切り替えの暗転した一瞬、疲れたおっさんの顔が映るたびに現実に引き戻される。お願いだからマットな質感の画面保護を出してくれ!

近所の住人が毎日この時間にピアノの練習を始めるのだが、確認しているだけでもう一年半、全く上達しない。ジャストナウも即興演奏的なものか鍵盤をデタラメに叩き続けている。お願いだから上達してくれ!

DVDにて映画鑑賞。
『アーティスト』
主人公の置かれている環境がわかりすぎるほどわかるのに、主人公のあまりのプライドの高さから物語に感情移入しづらくてとても残念。こんなん普段だったら僕は号泣確実なのに。無声映画のスターである主人公の演技の古臭さを揶揄するシーンがあるが、そもそも無声映画の作りだから他の人との差があまりわからない。現代から見れば誤差だもの。

   *   *   *   *   

14年03月11日 体重60.7kg

一〇時起床。
朝食、ピザ。
昼食、新ジャガと鶏肉の炒めもの、サーモンとトマトとレタスのサラダ。
夕食、新ジャガと鶏肉の炒めもの、サーモンとソーセージとトマトとレタスのサラダ、ゴマネギ豆腐、砂肝の甘辛煮。

自転車で外出、一七時に歯医者。
歯の治療で失敗に次ぐ失敗、自分の奥歯の中が削られて小籠包みたいになっている。プチュ!

DVDにて映画鑑賞。
『野性の少年』
人間社会に適応できない少年が駄々をこねて転げまわるさまがまるで僕のようで観ていて震えが止まらない。

   *   *   *   *   

14年03月12日 体重60.7kg

一〇時起床。
昼食、豚角煮メンマトムヤムクンラーメン。
夕食、ソーセージとアボカドとトマトとレタスのサラダ、ゴマネギ豆腐。

今夜飲み会に誘われたが余裕ですっぽかされる。ジャンジャン!

DVDにて映画鑑賞。
『オー・ブラザー!』
パッケージの絵づらが生理的に苦手で長年観ることがなかったが、ホメロス『オデュッセイア』を原案にしているとのこと、最近ギリシア神話の書籍をよく読んでいるので、理解の一助にと鑑賞。『オデュッセイア』のオマージュ部分とそうでない部分、比較して興味深く観察することができ、このタイミングで観てよかったと思う。それを抜きにしても楽しい映画だった!

   *   *   *   *   

14年03月13日 体重61.8kg

九時起床。
朝食、冷かけうどん、生ハムと煮玉子とトマトとレタスのサラダ、砂肝甘辛煮。
雨のなか外出、大塚の図書館に寄ってから大門に向かう。
大門のマクドにて昼食、ハンバーガー、ポテトL。
一七時よりKさんと打ち合わせ、一九時近くに打ち合わせ終了。
大門駅近くの大衆酒場に飲みにいく。
二三時半帰宅。

   *   *   *   *   

14年03月14日 体重62.5kg

ジャニーズのタレントと地方を車で移動中、洪水で立ち往生する夢を観る。
洪水から逃げている途中、津波に襲われて窒息し水中で息ができなくてあまりの苦しさで目覚めると、鼻が詰まっていた。
あとすごい尿意だった。

七時起床。
二日酔いでひどい頭痛。
朝食、小籠包、シソとサーモンとアボカドとレタスのサラダ。
クイズ原稿のラフをKさんへ送る。

ホワイトデーということで、いま狙っている子にハチノコケーキをプレゼントしたら突き返される。
「こんなのもらって私が喜ぶとでも思っていたの?」
だって。

口直しにおやつ、フルーツケーキ。

自転車で外出、一四時に歯医者。
歯茎を切開して針で歯根に薬を入れる治療、ビックリすることに麻酔無しやねんな〜。
いくら美人歯科衛生士の巨乳が頭に当たっても我慢できるものではなく、泣いてしまう。

杉並区の図書館に寄り、業務用スーパーで買い物してから帰宅。
夕食、ネギ豆腐、肉じゃが(牛と新ジャガ)、生ハムとソーセージとトマトとレタスのサラダ。
ブブカのイラスト、下描きよりペン入れ、色を塗って仕上げてメールにて脱稿。

   *   *   *   *   

14年03月15日 体重62.1kg

六時起床。
朝食、冷やしかけうどん、サーモンとソーセージとトマトとレタスのサラダ。
おやつ、ホワイトロールケーキ。
昼食、鶏モモと新ジャガの炒めもの、焼売、アボカドとソーセージとトマトとレタスのサラダ。
夕食、小籠包、鶏モモと新ジャガの炒めもの、アボカドとソーセージとトマトとレタスのサラダ。

DVDにて映画鑑賞。
『未来を生きる君たちへ』
タイトルだけなら僕が一番観ないであろうタイプの映画。しかしタイトルから想像するよりはるかにハード寄りの内容。井筒監督『ヒーローショー』のように暴力の応酬がエスカレーションしていく。ところがラストに近づくに連れ予定調和に収束していき、踏み込んだ問題提起に達しないままエンディング。かゆいところに手が届かないまま金玉の裏をクリクリされたような。それはそれで気持ちいいし泣けたは泣けたけど。

   *   *   *   *   

14年03月16日 体重61.7kg

最近寝付きと寝起きが極端に悪い。
一〇時起床。
昼食、豚角煮玉ネギパスタ、ソーセージとアボカドとレタスのサラダ。
夕食、シソとサーモンとソーセージとトマトとレタスのサラダ。

DVDにて映画鑑賞。
『許されざる者』
僕にとってイーストウッド映画は煮え切らないところが多い印象。この映画も、もやもやした部分が多くて、そこははっきりさせないのか!と画面のこちら側で叫び続けている。それでも僕が観たイーストウッド映画の中では一番カタルシスがあって、ラストの絵で泣けた!

   *   *   *   *   

14年03月17日 体重62.4kg

歯の「中」が炎症起こして悶んばかりに苦しいが、痛み止めを飲むと意識が混濁した状態になるし、何も飲まないと悶んばかりに苦しいし。

九時過ぎ起床。
朝食、冷たいかけうどん、豚角煮とレタスのサラダ。

クイズ原稿の下描きを始める。
一五時、歯医者。
歯医者の辛い治療で、先生が美人巨乳歯科衛生士に僕の治療を委ねるのは、巨乳を頭に当てることで僕のささくれた感情を和らげる思いやり。
夕食、焼売、生ハムとトマトとソーセージとレタスのサラダ、ゴマネギ豆腐、メンマ。

ドラゴンクエスト5、終わらせようとしたらフリーズ、プレイした半日分のデータが消えたのでやる気を無くして放り投げる。

読んだ漫画。
『ジャングル魔境』手塚治虫
ジャングルもの二編収録。二編目の終盤が適当過ぎ、冒頭の伏線をほったらかして子供の落書きみたいな宇宙人が出てきてドタバタになり唐突にハッピーエンド。あとがきによると手塚氏定番の途中でやる気なくした病みたいで「どうでもいい気持ちになって手を抜いて仕上げてしまいました」とのこと。おい!

『ピピちゃん』手塚治虫
一九五〇年代の典型的な手塚氏のパターンで物語が二転三転、お涙頂戴になったり笑いを入れたりとりとめなく扇情的な展開。そして唐突な余韻無しのハッピーエンド、手塚氏いわく雑誌の人気競争で支離滅裂になった挙句、「一年半ほどですっかり描く気をなくしてしまった」から「次の連載の都合もあって急遽おしまいにしてしまった」とのこと。身も蓋もなさ過ぎのあとがきが一番面白い!

DVDにて映画鑑賞。
『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』
やっとエマ・ストーンとミラ・キュニスの区別ができるようになった! それはともかくこういう映画苦手。

   *   *   *   *   

14年03月18日 体重62.6kg

八時起床。
二度寝していると人生で一番はっきりとした明晰夢を観る。
あんなに夢の風景がクリアで色彩豊かだなんて。
夢の中で本棚を見ると書籍タイトルがぶれている(文字を認識する脳の部位が眠っているため)。
知っている本なら認識できるかと『AKIRA』を見つめたが文字が震えてハングルみたくなり、わからなくなった。

朝食、ソーセージとレタスとトマトのサラダ、たらこパスタ。
クイズ原稿、朝からペン入れ、仕上げ、完成。
編集部へメールにて脱稿。
昼食、煮玉子と海藻とネギと鶏モモのうどん。
夕食、カレー、生ハムとトマトとソーセージとレタスのサラダ。

読んだ漫画。
『W(ワンダースリー)3(全3)』手塚治虫
途中まで手塚氏定番の善と悪が共倒れ無情に風が吹き抜けるラストになると思いきや一転、凶暴なまでのハッピーエンド。にしても光速の一〇倍で移動したから時間がさかのぼったというのはどういう相対性理論だ?

『バンパイヤ(全4)』
一般的な物語では主人公のシャドウは悪だが、『デスノート』のごとくこの漫画は思いきり悪寄りの主人公の視点でシャドウが善。一九六〇年代の少年漫画でこれはどういうポジションだったのだろう? 主人公のシャドウである善を倒し勝利の直前にまで悪は到達するが、第一部のクライマックス、けっきょく悪自身が良心にさいなまれ自滅する。この煮え切らなさが軌跡を描き、後の手塚氏の青年漫画『MW』では「うわべだけの善の勝利、真実は悪の勝利」に到達する。

DVDにて映画鑑賞。
『わが青春のマリアンヌ』
嵐の中帰宅した主人公がなぎ倒された木に抱きつき暴れるさまが、オナニーを我慢し過ぎておかしくなった少年が木の摩擦で射精しようとシコっているようにしか見えない。僕はこういう映画を見慣れていないため、隠喩と実際の出来事の区別を汲み取ることが極めて困難。全くもって日々勉強!

   *   *   *   *   

14年03月19日 体重61.6kg

七時起床。
朝食、梅干しご飯、鶏の唐揚げ風、卵と海藻とトマトとレタスのサラダ。
昼食、鍋ラーメン。

自転車で外出、一五時半に歯医者。
美人すぎる歯科衛生士がゴム手袋をつけて僕の口の中の治療をしていたのだが、ゴムが身体の中にあたる感覚が場所こそ違えどコンドームつけてセックスすることと同じということに気づき、気分はもう恋人きぶん。

夕食、ミンチカツ、カレー、シソとサーモンと豆腐とアボカドとトマトとタマネギのサラダ。

読んだ漫画。
『ばるぼら(全2) 』手塚治虫
主人公ばるぼらの髪がちょっとアール・ヌーヴォー調。不条理劇の連作短編から始まり、後半はオカルト的かつ理屈が通っている長編に、クライマックスはその二つの要素が揺らぎながら混ざり合う。芸術によって人間が摩耗していった末路を、(もっと容赦の無いラストもあっただろうが)ギリギリ踏みとどまった描写で終わらせたところが、芸術に対して手塚氏が抱いているかすかな希望?

DVDにて映画鑑賞。
『アニー・ホール』
二〇〇九年『人生万歳!』の同曲異奏な印象……むしろ逆か。主人公が自分を見ているようで「バレている!」ことに恥ずかしくなる。映画としてはあまり好きな部類でない。

一〇時過ぎに布団に入るが寝付けず、一時過ぎまで寝返りを打ち続けている。

   *   *   *   *   

14年03月20日 体重60.4kg

九時起床。
生きていくためのハードルが高すぎる。
朝食、煮玉子とアボカドとソーセージとトマトとレタスのサラダ。
おやつ、カブトムシの幼虫チョコ。
昼食、豚ロース舞茸ネギきしめん。
夕食、棒餃子、バターサツマイモ、アボカドと鶏モモのバター炒め、シソと鴨ロースとソーセージとトマトと回想とレタスのサラダ。

DVDにて映画鑑賞。
『スミス都へ行く 』
一時間一五分過ぎてようやく面白くなった……それまでが長い! しかし、最後の手段がとんちじゃなく主人公の根性ってもうちょっと考えろよと思ったが、それでダメージを受けて良心の呵責に苛まれる敵役……皆お人よし過ぎる。

毎晩寝付きが悪く、過去の嫌な思い出が真っ暗な天井にエンドレス映写される拷問のようだ。

   *   *   *   *   

14年03月21日 体重61.2kg

六時起床。
朝食、棒餃子、バターサツマイモ、アボカドと鶏モモのバター炒め、シソと鴨ロースとソーセージとトマトと回想とレタスのサラダ。

ユナイテッドシネマとしまえんにて映画鑑賞。
『ロボコップ』
……これはよくないリメイク。前作より三〇分延びたのにかえってボリューム不足を感じさせるなんて。ラストもとんちがきいてない!
ロボットになった自分に絶望し「殺してくれ」と言う主人公の気持ちが全くわからない。僕は機械の身体を手に入れるためならアンドロメダ星雲へ行きたいぐらいだ。人間って食欲や性欲がなくても生きていけると思う。SNSやネットゲームの流行が示す通り、人間関係こそが一番の麻薬。
オナニーの快楽は脳につなげた電極のスイッチ、食べ物は宇宙食みたいなのでじゅうぶんだし、睡眠時間もったいないし、映画や本のデータは脳のハードディスクに一瞬で流れこむし言うことないじゃないですか。
ちんぽがあればオナニーできるし機械化されてもいいや。最悪、脳に電極差してスイッチ押したらオナニーと同レベルの快感が出る装置さえつけてもらえば

大塚駅前にて昼食、武蔵野うどん。

ノートパソコンが壊れたので渋谷のApple Storeへ。
並んだ挙句、受付の人にiPadを渡され自分で修理予約を入力させられた。
で、明日の午後の予約がとれたから明日またApple Storeに来て下さい、だって。
家からApple Storeまでどんだけかかると思とんねん!

夕食、ベーコン新ジャガ、ネギ胡麻豆腐、煮玉子とソーセージと生ハムと玉ネギとレタスのサラダ。

ライターでイラストレーターで漫画家の器用貧乏村田らむ氏とスカイプしていると朝になってしまう。

   *   *   *   *   

14年03月22日 体重61.2kg

一一時起床。
昼食、豚角煮、塩ラーメン。
午後から渋谷のApple Storeへ。
ノートパソコンの修理代が三万円以上ぐらいかかりそう、とのこと……
夕食、鶏モモと新ジャガと人参と玉ねぎのホワイトシチュー、鶏ササミのケチャップ炒め、トマトとシーチキンとホウレン草のサラダ。

読んだ漫画。
『ツレがうつになりまして。』細川貂々
付き合っている相手を「ツレ」や「相方」とかいう感覚がちょっとだけ苦手。僕もナンチャッテ鬱に苦しんでいるので実感できる部分もあった。描いていい部分と描かなかった部分の情報コントロールが極めて巧み。鬱の人の本当のリアルは読んで嫌な気持ちになるし、面白過ぎたら馬鹿にしているみたいだし、この手の漫画が「一般的に」成功するためにはそんなバランスが重要なのだと思う。

『その後のツレがうつになりまして。』細川貂々
なるほど治りかけが難しいのか。三歩進んで二歩下がって一歩進んで二歩下がるような。重要なのは自分は自分で他人と比較してはいけないということ……って資本主義社会ではほぼ不可能なことじゃないの。前作よりこちらのほうが実生活レベルで勉強になった。

『7年目のツレがうつになりまして。』細川貂々
『ツレがうつになりまして。』の出版、メディアミックスにまつわるいろんなエピソード。ってこれシリーズに入れていいものなの!? それはさておきこの本読んでる人みんなやさしいなあ〜これ自体が鬱周辺の人に接する心遣いなのかもしれない。

『もやしもん(12)』石川雅之
この、しっかりした着地具合がいちいち講談社の漫画っぽい。

二三時半就寝。

   *   *   *   *   

14年03月23日 体重61.4kg

早めに寝たのになかなか布団から出ることができず、九時起床。
朝食、ソーセージとトマトとレタスのサラダ。
昼食、アボカドマグロ丼、ソーセージとトマトとレタスのサラダ。
夕食、鶏モモと新ジャガと人参と玉ねぎのホワイトシチュー、キノコと白菜のトウ立ちのおひたし、安納芋、アジの開き。

読んだ漫画。
『ブラック・ジャック(全22)』手塚治虫
物語は記号的かつ象徴的だが、手術部分だけ妙にリアルかつ具体的。『美味しんぼ』などの料理漫画と同じ手法。専門分野を(説得力を出すため)ダシに使ったヒューマンドラマ。

DVDにて映画鑑賞。
『アイガー・サンクション』
この煮え切らなさはなんなんだ。意味なくモテる主人公、漫画みたいなスパイ組織のボス、犯人探しも重要でなくどっちらける種明かし、緊張感を削ぐムーディーな音楽、字幕は縦に長すぎて画面からはみ出してるし、ストレスがたまるばかり。空撮はすごかったけど。

午前〇時半就寝。

   *   *   *   *   

14年03月24日 体重60.8kg

七時前起床。
朝食、ソーセージとトマトとレタスのサラダ、キノコと白菜のトウ立ちのおひたし、安納芋。
昼食、シソとスモークサーモンとソーセージとトマトとレタスのサラダ、ベーコンアボカドパスタ。

夕方五時より歯医者へ。
帰宅のついでに業務用スーパーで買い物。
夕食、新ジャガと鶏モモのバター醤油炒め、生ハムとソーセージとトマトとレタスのサラダ、ゴマネギ豆腐、サバフィレ。

読んだ漫画。
『現代漫画〈〔第1期〕 13〉石森章太郎集 (1969年)』石森章太郎
あまりピンと来ない。僕と石ノ森氏は相性が悪いみたいだ。しかしこの短篇集の中では『ミュータント・サブ』が比較的面白かったのでちゃんと読んでみようと思う。

DVDにて映画鑑賞。
『ビバリーヒルズ・コップ』
電子音がピコピコ鳴り過ぎ。潜入捜査であんな落ち着かない音楽が大音響で流れていたらすぐにバレちゃう!

二三時半就寝。
毎晩寝付きが悪く、過去の嫌な思い出が真っ暗な天井にエンドレス映写される拷問のようだ。

   *   *   *   *   

14年03月25日 体重60.7kg

八時起床。
寝付きと寝起きが悪い。
一日のうち八〜九時間布団の中で過ごしているのだが、日中も常に眠い。
朝食、ソーセージとトマトとレタスのサラダ、明太子うどん。
スシローにて昼食。
夕食、水餃子、鶏モモと舞茸の炒めもの、シソとスモークサーモンと豆腐とトマトと海草とレタスのサラダ。

読んだ漫画。
『上を下へのジレッタ(全2)』手塚治虫
タイトル(内容)と空腹時に絶世の美人に変化する歌手の絡め方がいい加減。ずっとひっぱったオチも唐突。面白くなりそうな直前で何度も寸止めをくらい、読みながらずっと身悶えしている。こっちは射精寸前なんだよ!

DVDにて映画鑑賞。
『オリバー・ツイスト』
主人公が主体性を発揮することが数瞬しかなく、誤解や悪意で流されるまま事態が悪化していく。観ていてものすごいストレス。もっと勇気をふりしぼれよ! エンドロールで号泣するがその半分は悔し涙。

午前〇時ごろ就寝。

   *   *   *   *   

14年03月26日 体重60.7kg

七時半起床。
朝食、やきうどん。
昼食、生ハムとトマトとソーセージとレタスのサラダ、チヂミ。
夕食、バターサツマイモ、ゴマネギ豆腐、トマトとスモークサーモンと玉ネギと海藻とサラダ、ささみケチャップ炒め。

読んだ漫画。
『珍アラビアンナイト』手塚治虫
『メトロポリス』や『ロストワールド』がたまたま読みやすいだけで、その他の手塚氏の初期漫画は(僕にとって)読みにくくて仕方ない。収録作『一千年后の世界』にて醜いというだけでいいことをしても絶対に報われない猿人の扱われ方にあまりにあまり過ぎて笑ってしまう。

渋谷ヒューマントラストシネマにて映画鑑賞。
『エウロパ』
モキュメンタリーものに食傷気味。予算節約が一番の目的ではないかと疑ってしまう。内容は普通のホラーに、太陽系で注目のトピックの衛星エウロパ、『ゼロ・グラビティ』的なスタイリッシュな宇宙映像を足したもの。予想以上の要素は無し。

午前一時就寝。

   *   *   *   *   

14年03月27日 体重60.3kg

九時起床。
朝食、ソーセージとトマトのサラダ、水餃子、バターレモンヒラメ。
昼食、煮玉子とチャーシュー入りつけ麺。
夕食、鯖フィレ、ベーコンと新ジャガのバター炒め、玉ネギとセロリとニンジンとタコとサーモンのマリネ、鶏皮餃子、ソーセージとアボカドとレタスのサラダ。

読んだ漫画。
『鬼丸大将(全2)』手塚治虫
名前はクレジットされてないが数少ない原作付き作品。手塚氏いわく読者の反応を観ながらアドリブで描くタイプなので基本的には原作付きを受けないその例外がこの作品とのこと。日本に漂流したローマ人(『ドラえもん ぼく、桃太郎のなんなのさ』を彷彿とさせる)が鬼と呼ばれて迫害を受け、その息子が敵討ちのためで平将門の乱に参加……面白くなりそうな設定なのに原作に準じたのは冒頭だけ、途中からアドリブ癖とサービス過剰にたくさんの要素を入れすぎてよくわからなくなってしまう。

『ゴッドファーザーの息子』手塚治虫
冒頭だけ自伝的短編。その他の短編はページが下るに従ってSF度が増していき、そういう短編は決まって収拾がつかなくなる。

午前〇時就寝。

   *   *   *   *   

14年03月28日 体重60.5kg

九時起床。
ひさびさ粘度の高い眠気と格闘、九時間も睡眠してしまう。念のための三回の目覚ましも役に立たず。

朝食、鯖フィレ、ベーコンと新ジャガのバター炒め、玉ネギとセロリとニンジンとタコとサーモンのマリネ、鶏皮餃子。
昼食、牛丼、シソとスモークサーモンとソーセージと海藻とレタスのサラダ。
夕食、トマトとピーマンとナスと玉ネギとニンジンのカレー、ふかし安納芋、ソーセージとトマトとほうれん草とシーチキンのサラダ。

読んだ漫画。
『ナンバー7(全4)』手塚治虫
当時流行った横山光輝氏のチームものを志向して描かれたという。今の基準で見れば物語が単純な勧善懲悪過ぎて、逆に実は主人公の信じている正義には裏があるのではないか……というドンデン返しを疑いながら読んでいたが、結局何もなくそのまま。

『ミュータントサブ (全2)』石ノ森章太郎
おじいさん博士がすごい発明で悪いこと(主に復讐)する話が多すぎ。僕と石ノ森氏は相性が悪いみたいでもう何十冊目かのこの本もイマイチ。

DVDにて映画鑑賞。
『アラビアのロレンス』
正直、意味がよくわからなかった。

平気で人の文章を改変する人と仕事はできない。
二時就寝。

   *   *   *   *   

14年03月29日 体重60.9kg

八時起床。
朝食、牛ロース肉のネギポン酢かけ、トマトとレタスのサラダ。
その後はとある仕事先に腹が立って食欲をなくし、何も口にできず。

読んだ漫画。
『どろろ(全4)』手塚治虫
改めて読み返して設定の秀悦さにいちいち感心。エピソード、妖怪のデザインも含め、この頃の手塚氏は脂が乗っている。惜しむらくは時代に先駆けすぎて打ち切りに終わったこと。七三年『ブラック・ジャック』直前がどん底だったかのように言われることがあるが、六〇年代後半から七三年までの手塚氏は自分が生き残る道を探しながら、玉石混淆の作品(僕の好きな『ミクロイドS』も含め)を大量に吐き出していた、重要な過渡期だったのだと改めて実感する。

DVDにて映画鑑賞。
『ロジャー・ラビット』
初鑑賞。アニメと実写を根性で合成しているため公開から三〇年近くたった今観ても現在のCG技術と変わらない出来! これはツボすぎ、リアルタイムで観たら僕はどんなにハマっただろう。ディズニーというだけで拒否してしまったあの頃の自分を溶解液の缶底に沈めたい!

深夜二時半まで眠ることが出来ず。

   *   *   *   *   

14年03月30日 体重59.7kg

六時半起床。

実は出会った時からこういう予感はしていたのだ。
僕の先入観は外れることがあまりない。
逆に言えば、無意識に先入観の偏見で接しているからこういう結果になるのかもしれないが。

朝食、生ハムとアボカドとトマトとソーセージとレタスのサラダ。
昼食、食欲がないので食べない。
マクドにて夕食、チーズバーガーセット。

読んだ漫画。
『トーマの心臓』萩尾望都
思春期特有の視野狭窄の疑似恋愛。これは男女のメタファーだと自分に言い聞かせながら読もうとしたが、自分の高校時代、タラコ唇の級友や天然パーマ刈り上げの自分の映像がちらほら浮かんできて「キス? ありえんんわ〜ないわ〜」一般化出来ず、読んでいてひたすらしんどい。

『11月のギムナジウム』萩尾望都
『トーマの心臓』は感情移入が難しかったが、この短篇集はまだそこまで定向進化しておらず一般的でわかりやすかった。いくつかの短編は心をわしづかみにされ持って行かれた。

読んだ書籍。
『イソップ寓話集』 イソップ
いくつかの短編はあきらかに星新一の影響を受けていると思う。昔は著作権がなかったからいいようなものの、今なら問題になるんじゃないの?

『ジェニーの肖像』ロバート・ネイサン
ロバート・F・ヤング『たんぽぽ娘』みたいな話かと思って読むとそうでもなく、ギミックのない幻想小説かつ恋愛小説。僕は苦手。

DVDにて映画鑑賞。
『ワンス アンド フォーエバー WE WERE SOLDIERS』
大義のない戦いなのにアメリカ側の視点で見ると感情移入しちゃう。映画の力ってすごい。中国人も毎日プロパガンダ映画を流されたら日本を憎んでしまうことだよ。……そんな中でベトナム側のことも描こうとバランスを取ろうとギリギリの中でもがいていることは伝わってくるが、アメリカで製作することの(商業的な)限界がある。僕はアジア人だから、自分とよく似た顔つきの人たちが白人の銃弾で倒れていくのを見ると、他人の領土で何やっとんねん!と最後には思っちゃうけどね。

二三時には布団に入るがなかなか寝付けず。
〇時過ぎ就寝。

   *   *   *   *   

14年03月31日 体重59.8kg

僕は対人関係が総じて苦手だけど、仕事をしていて一番苦手なのは嘘をつく人かな。
ホラとかレトリックならいいし、仕事でなかったら嘘言ってもいいんだけど。
仕事絡みのことでこいつ嘘ついた!と相手を認識すると何が基準かわからなくなるからその人に対する態度もおかしくなってしまう。

粘り気の強い眠気で布団から出ることが困難。
九時起床。
朝食、油そば。
午後二時半より歯医者。
夕食、ゴマネギ豆腐、生ハムとアボカドとトマトとレタスのサラダ。

読んだ書籍。
『車輪の下 』ヘルマン・ヘッセ
エピソード(のイメージ)を点景でつないでいるようで、思いの外物語性が強くない。いくつかのエピソードは自分にも重なる部分があって深く胸に突き刺さる。しかし、そもそもこの小説の登場人物ほど、僕は思春期に人生を深刻に捉えていなかったので、今ひとつピンと来ない。

DVDにて映画鑑賞。
『プラダを着た悪魔』
結局お前はセックスしてるやんけ! ファッション業界に入る前のアン・ハサウェイとその後の服装の変化がわからない。どこがダサいん? つうか後者のほうがダサくね? そもそも彼女はファッション業界人・編集者・文筆家としてのスキルを上げたわけではなく、便利屋としての腕を認められただけじゃないのか。ドラマみたいな音楽の使い方にも萎える。

眠れない。
午前一時過ぎ就寝。