こんな日記を書いた!」カテゴリーアーカイブ

肉体的精神的にメタボらないよう、レコーディングダイエット風に毎日を記録しています。

【日記】18年08月13日(月) 体重66.6kg

五時半起床。

六時一分より光ヶ丘公園を五四分分ジョギング。
昨日と同じでどんよりした空。
舗道が濡れ、水たまりがある。
昨晩僕が寝たあと雨が降っていたみたいだ。
走っているうちに次第に空が明るくなってきて、雲間から太陽が顔を出す。
四人囃子のアルバム『ゴールデン・ピクニックス』を聴きながら走る。
一枚目のアルバムと連続性がある。
いかにもプログレッシヴ・ロックっぽい。

朝から絵のペン入れの続き。
一四時半頃完成。
絵を梱包していると、突然の激しい雷音。
窓の外が急激に暗くなって、稲光の連続。
チャイムが鳴る。
雨が降りだしていることに気づかなくて、隣の人が教えに来てくれた。
干していた布団を入れたら少し濡れていた。

しっとり湿った布団で寝るかと思うとテンションが大いに下がる。
僕がもしジェダイの騎士だったらダークサイドに落ちてコーホー言っているだろう。
一七時から四コマ漫画作成作業。
二一時から読書、二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年08月12日(日) 体重66.2kg

昨晩はあまりの蒸し暑さで眠ることができずに難儀するが、夜半に雨が降り朝方は涼しくなる。
寒さで目覚め、掛け布団で上半身を覆う。
五時半起床。

六時一二分より光ヶ丘公園を五二分ジョギング。
灰色の空、走っている最中に小雨が降り始める。
ポツポツ体にあたり冷たい。
四人囃子のアルバム『包 bao』を聴きながら走る。
プログレ色が薄く歌謡曲っぽい。

部屋片付け、ブログの日記更新を終えてから九時半より来週のグループ展に出品する絵のペン入れ。
比較的涼しく、エアコンなしに過ごしている。

夕方、駅前のショッピングモールで買い物。
行き帰りの道、朝同様に小雨が降ったりやんだり。
買い物帰り、公園の芝生に近所の猫が集まっている。
野良猫はちょっと近づいただけで逃げていくのに、飼い猫は自ら首の後ろを差し出し
「撫でろ!」
と迫ってくる。

二一時までペン入れを続ける。
二二時に寝室に入るがなかなか寝付けず、二三時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年08月11日(土) 体重66.1kg

五時半に目覚ましがなって目を覚ますが、強い睡魔に引きずり込まれるよう布団に戻り七時半起床。
規則正しく起きることができない、全く眠りが安定しない。

外は曇りがちだが薄っすらと晴れていたので、ダニ退治のため布団を干し畳に掃除機をかける。
一昨日、ダニの除虫スプレーを畳と布団に散布したのだが、まだダニに噛まれている。

一日外に出ず机に向かう。
今日は来週から友達とのグループ展に出品するための絵を描いている。
曇りがちの空は午後になると徐々に暗くなり、布団や洗濯物を早めに部屋に引っ込める。
空はますます暗くなり、夕方、大音響の雷鳴とともに大粒の雨が降り出す。
いち早く布団と洗濯を取り込んでいたからよかったものの、外を見ると土砂降って大変なことになっていまる。
二時間ほどすると雨がやんで晴れてくる。
一七時半、近所のコンビニで買い物。
少し涼しくなったかなと思って公園を歩くと単に蒸し暑いだけ。

一七時から二〇時まで四コマ漫画作成。
二一時から読書、二三時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年08月10日(金) 体重66.1kg

五時半起床。

五時四〇分より光ヶ丘公園を五三分ジョギング。
日の出が遅くなってきていて、六時前だと地平線近くの建物に太陽が隠れそう。
同じ時刻だとあと一ヶ月で完全に朝日は見えなくなってしまうだろう。
暑さこそ変わらないが、黄みがかった日光と山吹色に染まる銀杏並木に、訪れつつある秋の片鱗を見る。
四人囃子のアルバム『一触即発』を聴きながら走る。
優等生みたいによくできている。

朝食後、急激に暑くなってきたのでエアコンを入れる。
今日は一日仕事に集中できた。
一八時に外出、自転車で下井草図書館で本の返却貸出後、一九時からユナイテッド・シネマとしまえんで映画鑑賞。
『インクレディブル・ファミリー』
途中のぐだぐだと主人公の活躍しなさは、意図的なんだろうけどそれに乗れるか乗れないか。
僕は乗れなかった。

二一時半帰宅、二三時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年08月09日(木) 体重66.4kg

今月に入って寝起きが悪くなってしまった。
八時起床。

懸案の漫画ネーム作業。
午前中は薄曇りで涼しくて過ごしやすかったのだが、昼過ぎから晴れて暑くなってきたので、エアコンを入れる。
もうエアコン無しでは作業できない。
昼過ぎ、近所を散歩してセミの写真を撮ってくる。
五分ぐらい外を歩いただけで、蚊に刺されまくってしまう。

なかなかネームが進まずイライラ。

一九時から映画鑑賞。
『ゴッホ~最期の手紙~』
二一時から読書、二三時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年08月08日(水) 体重66.5kg

朝方に寒さで目をさまし、窓を締める。
外はノイズのようにザーと雨が降り続いている。
五時半に寝室を出たにもかかわらず、仕事部屋で眠気に負け二度寝して七時半起床。

風が強く、雨が弱く降ったり強く降ったりの一日。
ダニ退治スプレーを畳と布団に散布したら、寝室がスプレーの匂いで充満。
寝室の湿度がさらに高まる。

部屋にこもって懸案のネーム作業。
風が強くなって机の上の紙を吹き飛ばしたら窓をちょっと締め、暑くなったらまた開けての繰り返し。
昼過ぎ雨がやんだので外出しようと外に出たら、また雨が降ってきたので部屋に引き返す。
夕方ぐらいから再び雨音が大きくなってくる。

一七時から四コマ漫画作成作業。
二一時から読書、二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年08月07日(火) 体重66.5kg

久しぶりに涼しくてゆっくり眠れる。
涼しいことの過ごしやすさを、暑さ続きでようやく知る。
五時半に目覚ましが鳴るが仕事部屋に移動して二度寝の七時半起床。

朝から外は小雨が降り続いている。

涼しい。
ひさしぶりにエアコンもつけることなく部屋で仕事ができる。
一五時頃雨が降り止んだので業務スーパーへ買い物。
「しまった! 半ズボンでなく長ズボンにすべきだった!」
と後悔するぐらい【サムとジムが南極で駆けっこしたらどっちが勝ったのでしょうか?】のである。

一六時過ぎから降り出した雨が夜半になるにつれ強くなる。
夕方から四コマ漫画作成作業。
二一時から読書、二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年08月06日(月) 体重66.5kg

暑さでずっと眠りが浅い。
何度も目覚めては眠り、シーツと足の接している場所が汗でびっしょりの最悪の寝心地。
五時半に目覚ましが鳴るが、あまりの眠さにしばらく気づかない。
朦朧としたまま仕事部屋に移動して六時半まで机にうつ伏して眠っている。
九時過ぎに家を出て自転車で三〇分走り練馬の耳鼻科へ。
それだけのことでも体力を消費してめちゃくちゃ疲れて、耳鼻科の待合室で泥のように眠っている。
減感作療法の注射。
耳鼻科から家に向かう途中で、ユナイテッド・シネマとしまえんで会員証の更新。
成増図書館で本の返却貸出。
帰宅したら汗でびしょ濡れ、気持ち悪いのでシャワーを浴びる。
あまりの暑さに冷房を入れてても、そこはかとなく漂う暑さに仕事に集中できず。

一九時からDVDで映画鑑賞。
『殺人者の記憶法』
面白かった! 韓国映画はこういうエモーショナルな演出が本当にうまい。
二一時から読書、二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年08月05日(日) 体重65.8kg

深夜何度も暑さで目覚め、朝五時に起きるつもりが眠気に勝てず、七時半起床。
今日も昨日に続いて朝寝坊。

冷房をつけ部屋にこもり作業と仕事。
午後から四コマ漫画作成作業。

夕方、むせ返るような暑さのなか買い物に出る。
業務スーパーで買い物。
スーパーで初めて見るポテチの缶を買おうとしたら
「このポテト辛そうですよねっ!」
レジの女性にいきなり話しかけられて、話しかけられることを想定してなかったので
「ええ」
としか返事できなかった。

帰宅して食べたら確かにこんなに辛くてインカ帝国マンコ・カパック二世皇帝だった。

二一時から読書、二二時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年08月04日(土) 体重65.8kg

暑さで眠ることができず二度寝三度寝で朝寝坊、八時起床。
午前中は部屋の片付けなど身の回りのこと。
一六時から外出、池袋の世界堂で買い物、新大塚の図書館で本の貸出返却の後、四谷デッサン会へ。
人がたくさんいる場所に行くと足が震える。
二一時に会場を出て、二二時帰宅、二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年08月03日(金) 体重65.7kg

今年初めて就寝時に冷房をつけたが、寒かったり暑かったりで熟睡できず。
五時起床。

五時四一分より光ヶ丘公園を五四分ジョギング。
今朝も朝日が美しかった。

以前の日記にこう書いた。

【日記】18年07月10日(火) 体重67kg


朝ジョギングに出ると、いつも同じ時刻にゴミを出しに来る妙齢の白人女性と顔を合わせる。
今日はニヤッと笑われた。
ここから新しい恋が始まるかもしれない(ポジティブに捉える)。

「毎朝」僕がジョギング行く時間にすれ違う妙齢の白人女性が、
僕の自宅前ゴミ捨て場と歩道橋の間のわずか五〇メートルを、
朝一時間ひたすら歩き続けているということがわかった。
しかもニヤッと笑いかけてきたわけじゃなく、ずっとニヤニヤし続けている人だった。
何なんですか?

Zamla Mammaz Mannaのアルバム『Familjesprickor』を聴きながら走る。
アバンギャルド過ぎるやろ。
記憶には残るけどなかなか心には残らない。

ずっと部屋にこもり、懸案の漫画ネーム作業。
夕方、光が丘図書館で本の貸出返却。
駅前のショッピングモールのスーパーで買い物。

帰宅前に南天を見上げると入道雲が浮かんでいる。
風が南から吹き、不穏な雰囲気。
一時間ほど経つと頭上に雨雲が立ち込め雷が鳴り土砂降りの雨。
少しだけ涼しくなったが、まだまだ蒸し暑い。

二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年08月02日(木) 体重65.7kg

三時頃暑さで目が覚め、トイレに行ったついでに温度を確認したら二九度。
布団に戻ってもシーツと身体が接している部分が汗ばんで気持ち悪くて眠れない。
いろいろ考えていると将来の不安が増し余計眠れなくなる。
五時に目覚ましがなり寝室から出て仕事机にうつ伏せになりようやく眠ることができた。
早朝ジョギングに行くことができなかったので、運動ができなかった。

日が高くなるにつれすごい勢いで気温が上がり、九時過ぎにエアコンを入れる。
寝室の湿った布団を干し部屋を開け放ち掃除機をかけダニ掃除。
部屋にこもり懸案のネーム作成作業。
夕方、近所に散歩に出たら下からむせ返るような暑さが立ち上ってきて、サウナのよう。
四コマ漫画作成作業、一六時から一八時まで。
二一時から読書、二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年08月01日(水) 体重66.7kg

五時起床。

五時三〇分より光ヶ丘公園を五九分ジョギング。
日の出直後は涼しくて気持ちいい。
でも早起き過ぎると頭と身体が完全に目が覚めていなくて、同じコースを走ってもいつもより時間がかかる。
Yesのアルバム『Heaven & Earth』を聴きながら走る。
二〇一四年のアルバムだけあって今っぽい。
プログレっぽさより、曲としての気持ちよさが優先されている。

八時から懸案のネーム作業。
一〇時頃に室温が三〇度を超えたので、自宅全体に冷房をつけて作業。
一九時からDVDで映画鑑賞。
『聲の形』
二一時から読書、二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年07月31日(火) 体重66.7kg

僕は夏が好きだから、冷房をつけると「せっかくの夏やのに!」と損した気持ちになる。
でも今年みたいに暑すぎたら仕事もできないし眠れないのでいやいや冷房をつける。
そして今おおいに損した気持ちになっている。
冬はガンガン暖房つけたい派なので、本当に夏が好きなんだと思う。

東京は大阪に比べると少し涼しいみたいで、大阪ほど寝苦しくなかった。
むしろ朝方は寒く、厚めの掛け布団を引っ張り出して被った。

五時半起床。
せっかく早起きしたのに眠気が強く何もする気力がわかない。

六時五分より光ヶ丘公園を五五分ジョギング。
連日猛暑が続いた一週間前より涼しい。
このまま秋に向かうのか?
大阪から帰ってきたら、ゴミ焼却場の仮設テントの解体が終わっていた。
Yes『90125』を聴きながら走る。
八〇年代っぽい!

朝方はご機嫌斜めな天気だったけれど徐々に晴れてきたので、布団を干し掃除機をかけダニ掃除をする。
洗濯物も干す。

先週に比べ室度が低い。
室温三〇度、扇風機つけて作業。
なんとか今日は冷房無しで乗り切れた。
二一時作業を終えて読書。

玄関で今年はじめてゴキブリを見たが、乙女みたく叫んでいるだけで何の役にも立たなかった。
二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年07月30日(月) 体重66.2kg

四時起床。
五時に実家を出て、始発に乗り青春18きっぷを使い鈍行で自宅のある東京のへ向かう。
車内で本を読んだり眠ったりの繰り返し。
代々木で大江戸線に乗り換え、ボーッとしていて間違えて逆向きに乗車、六本木で気づいて引き返す。
駅から地上に出ると、曇りがちなせいもあるが大阪よりだいぶ涼しい印象。

一七時から業務スーパーへ買い物。
曇りがちな空が、スーパーに近づくにつれ晴れ間が広がり強い日差しでギラギラしてくる。

車にひかれそうな道路の真ん中をいく蝉の幼虫を見つけ、街路樹の下にいた猫を追い払い、そっと幹に添えてやる。
見ていた人に
「蝉の幼虫は積極的にレスキューするくせ、猫にはやさしくないね」
と言われた。

当たり前だ、僕の中で蝉>>>>>>>>>>猫。

夕食を用意して食べ終わると一九時半、部屋片付けと荷物整理で無為に時間が過ぎ何も手に付かない。
ブログの日記を更新するともう就寝の時間、二二時半寝室に入るがなかなか眠れず二三時半頃ようやく眠りの海に沈んでいく。
 

この日ほか記事一覧

【日記】18年07月29日(日) 体重66.2kg

深夜、台風が通過して風が大轟音で吹き荒れ、熟睡できない。
実家が倒れるかと思うぐらい揺れ、寝ぼけた頭で
「このまま家がねじれて裏返しになるのかなあ」
飛んでいってむき出しになった屋根から僕と両親が風で吹きとばされるところを夢に見る。

七時半起床。
風も雨も一段落。
雨戸を開くと、ドラマチックな層状の雲の彼方に青空が見えている。

ずっと部屋にこもって懸案のネーム。
なかなか進まない。

「昼食に素麺がいい?」
と母が聞いてきたので、
「いいよ」
と答えたらしばらくして、
「素麺嫌いやからお父さんが食べたくないって」
と母に言ってきたとのこと。
そういえば父と一緒に素麺を食べた記憶があまりない。

母が僕にパスタを作れと言うので、
「トマトの缶詰とニンニクとベーコンのパスタなら」
と返事すると、
「材料あるから作って」
とのこと。
僕が下に降りて作ろうとすると、母は熟しきったトマト(缶詰ではない)を出してきて、
「缶詰じゃなくこれ使って」
さらにピーマン玉ネギパプリカ椎茸ニンニクを出してきて、
「これもあるから使って」

僕は困り、
「トマトの缶詰とニンニクとベーコンのパスタやったら作れるのに……この材料で作るんなら、思った味が出せるかわからんで」
仕方なくコンソメで味付けして適当にパスタを作る。
父と母と僕のぶんを盛り付けて出す。

出たのを見て父は嫌そうな顔をしている。
父はキノコ全般(もちろん椎茸も)が嫌いなのだ。
僕がせっかく作ったパスタに手を付けず茹でたトウモロコシを食べている。

だったらやっぱりトマトの缶詰とニンニクとベーコンのパスタで良かったのに。
そもそも食べないのなら素麺でよかったのに。
てか父がキノコ嫌いなのをわかっていて何故母が椎茸を出してきたのか。
てか父はいい大人なのに好き嫌い多すぎるだろう。
歯車の噛み合わない話だ。

午後、母が暑中見舞いをかくというのでiPadを使って作るのを手伝っているがなかなか覚えが悪い。
合間、父にパソコンを教えている。
二一時頃ようやく一段落、部屋を片付けて明日の用意。
二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧