カテゴリー別アーカイブ: 備忘ログ

あんなことこんなこと、本や映画や夢や食べ物のことなど、様々な日々の出来事を記ログしています。
数年前から物忘れがひどくなってきて、何でもかんでもメモしないと不安になってきました。
ここは僕の第二の大脳皮質、記憶を司る場所です。

【日記】17年02月18日(土) 体重64.2kg

六時起床。
午前中は部屋片付け、日記を書いてブログにアップ。
午後は仕事部屋にこもってパソコンでネーム。

夕方、クロッキーに行くため用意をしていると眼鏡がないことに気づく。
普段は眼鏡をかけることがないが、遠くのモチーフを描くときだけ使うのだ。
今週実家に帰ったとき、完成したペン画を遠くから確認するときにかけてそのまま自室に置いてきてしまったみたいだ。
実家に確認したところ、メガネを発見した母親が
「あんたはいつもそうや!」
ぎゃあぎゃあ怒っている。
怒るほどのことじゃないのに……

眼鏡がないのでクロッキーに行くことを断念、自宅で過ごす。
午前〇時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年02月17日(金) 体重63.6kg

一〇時起床。
目覚めの悪い朝、まどろんでいるうちにも時間は過ぎていく。
昼食を食べ、絵の作業と帰郷のための荷物で散らかった部屋を片付けてひと段落するともう昼過ぎ。
食材を購入するため、駅前のショッピングモールへ向かう。
コートを着て外に出ると、暖かいというよりも暑い。
今日は二〇度を超えているとのこと、春のような日差しと生暖かい風に汗でどろどろになりながら歩く。
朦朧としていたためか、途中でミスタードーナツに引き寄せられ、衝動的に大量のドーナツを食べてしまう……大後悔。
買い物を終えて帰宅すると一六時過ぎ。
太り気味なので、外へ走りに出る。
花粉症の季節なので万全の対策をしてジョギングに出発。囚人のような縞模様の服を着て。

一六時二〇分より光ヶ丘公園を三六分ジョギング。
長袖Tシャツと短パンで走ると、汗びっしょり、濡れた服が身体にはりついて気持ち悪い。
最近ジョギングをサボり気味でボッテリと突き出たお腹が邪魔で走りにくい。
いつもの半分ぐらい走った時点で、つらくてやめたくなる。
Opus Avantraのアルバム『Introspezione』を聴きながら走る。
まさにアヴァンギャルド、伝統と革新が目まぐるしく行き来する。
クラシカルなメロディーパートは実に美しいのに、これがこのままあることをなぜ許さないのか。

夕方からパソコンに向かってここ数日撮影した画像の整理、二週間分たまったブログの日記書き。
二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年02月16日(木) 体重63.2kg

五時起床。
冷蔵庫のように冷える風呂でシャワーを浴びる。
朝食、五時五〇分に実家を出る。
海の底のように真っ暗な道を高槻駅に向かって歩く。
電車で移動していると少しずつ東の空が白んでくる。
大阪に到着、七時前にスカイビル下から高速バスで出発。
車内で読書するためあらかじめ本を用意していたのだが、揺れる車内で字が泳いで集中できない。頭に入らない。
気分を切り替え、3DS「DQMジョーカー3」をプレイ。
キラーマシンを延々と大量生産している。
一五時過ぎ大崎駅バスターミナル、一六時過ぎ自宅に到着。

夕食時、テレビのニュースを見ていると五三勝したスキージャンパー高梨沙羅さんの映像が繰り返し流れる。頭に「バスクリン」と書かれた帽子をかぶっている。
その影響を受けて、地獄のように入浴剤で泡立ったお風呂に入る。

先週までの仕事と帰郷時のゴタゴタで散らかった仕事部屋に茫然としたまま何も手に付かない。

午前〇時就寝。
布団に潜ってもなかなか眠りにつくことができず苦しい。
一時間ほどで寝室から抜け出し仕事部屋へ移動。
眠くなるまで続けるつもりで3DS「DQMジョーカー3」をプレイ。
なかなか終わらず気がつくと朝五時過ぎ、外が明るくなりつつある。
眠気と後悔でどんよりして寝室に移動、眠りの海に沈んでいく。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年02月15日(水) 体重62.8kg

一日七時間半睡眠を確保するためには自慰する時間が無駄すぎる。
ボクサーの嫁と不倫して、怒り狂った夫にちょん切ってもらうしかないか。

六時起床。
実家の風呂は冷蔵庫のように冷えている。
シャワーを浴び自室に戻ると眠気に襲われ、九時近くまで眠ってしまう。

朝食を食べに下に降りるとまだ両親はケンカしている。
昼前に家族で車に乗り病院へ移動。
食堂で昼食後、病院の施設で●とカラオケ。
僕が歌ったのは「ひょっこりひょうたん島」と「おら東京さ行くだ」
もう長くはないであろう●との時間をせいいっぱい大切に過ごすことができた。
一六時過ぎ帰宅。
部屋の片付け、明日出発の用意をして二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧