投稿者「松田望」のアーカイブ

【日記】19年07月16日(火) 体重66.8kg

夜、お風呂に浸かると熟睡できるのはいいことだけど、昨日は一〇時間、今日も九時間寝て……もう、眠過ぎ!

八時起床、外を見るとさめざめと雨が降っていている。
今日は、気温が二二度までしか上がらなかった。
一昨日寝室に干した洗濯物がまだ湿っている。

九時から仕事、単行本企画漫画のネーム作業。
一五時過ぎ、雨がやんだので駅前のショッピングモールに買い物に行く。
買い物を終えて出るとまた雨が降り出していて、自転車のサドルがびしょ濡れ。
霧雨を浴びながら帰宅。

二一時まで仕事の続き。
入浴して読書して二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年07月15日(月) 体重67.2kg

早めに就寝したのに起きることができず一〇時間ぶっ通しで寝てしまう。
九時過ぎようやく布団から出て、仕事を始める。
外はぼんやりとした空、雨は降っていないけれど明るくはない。

単行本企画漫画のネーム作業。
今日はものすごく湿度が高いし、寒いし、でも夏用長袖を着ようにも洗濯物は全然乾いてないしで、困る。
部屋にこもって仕事していると鬱屈してくるので外に走りに出る。

一五時一二分より光ヶ丘公園を四四分ジョギング。
灰色の空、湿った空気、濡れた舗道。
今日はよさこい祭りで屋台が並び、出し物の音楽が公園に響いている。
林の中の道を走ると、濡れた地面から足音が響く。
The Beatles『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』を聴きながら走る。
一九六七年にして現在のロックが完成!
一九六〇年代のロックを聴き比べて、ロックのあるジャンルの完成形に達しているものはあったけれど、ここまで広範囲かつ高水準に達しているものはなかった。
ビートルズやばいな〜これで五〇年以上前だもんな。
途中アジアンテイストなアレンジに変わって手拍子が入り「凄いところまでいったな〜」と思ったら、公園ジョギング中で横のよさこい祭りの音楽が被さっていたのだった。
「この要素も入れたらよかったんじゃない?」と拝啓ジョン・レノンに伝えたい。

帰宅してまた仕事の続き。
二一時に風呂に入ってから読書。
二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年07月14日(日) 体重66.9kg

昨夜お風呂に入ったおかげか、途中で目覚めることなく六時起床。

朝から雨。
今日は、公園でバーバキューをするつもり(一ヶ月前から予約していた)はずだったかれど、連日の雨降りでキャンセル。
前日から買い物に行って用意をしていたのですが残念、天候には勝てない。
そのかわり自宅でのホームパーティーになりました。
僕は部屋に引きこもって漫画を描いていたけれど、居間でワイワイ盛り上がっているので、気になって途中から参加したり(天の岩戸的な)。
一九時過ぎ、会はお開き、みんな帰宅。

後片付けをしたら疲れてしまい、昨日は風呂に浸かることなく熟睡。
二三時頃布団に潜り込んだら、気を失うように眠りの海へ沈んでしまう。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年07月13日(土) 体重66.6kg

今朝は手足が火照って三時位に目覚めてしまい、そのまま眠れなくて困っている。
眠れないけど、睡眠をじゅうぶんにとっているわけじゃないからジョギングに出るほど元気でもなく、仕事部屋で眠くなるまで呆然として過ごしている。
自律神経が小さい頃から不安定で寝付きが悪く、学生時代いつも授業中眠かった。
手足が火照って眠れなくなるのだ。

朝六時前にようやく眠くなってきたので布団に入ると、眠りの海に足を引っ張られるように沈んでしまい、一〇時まで目覚めることが出来ない。
朝からスケジュールがくるて気持ち悪いけれど、仕方ない。

昨日まで読書しながら書いたメモをもとに漫画のシナリオを書いている。
一五時に弁当を作り、一六時頃外出。
小雨が降っているなか新大塚の図書館によってから、四谷三丁目駅で下車。
いつも通っているクロッキー会に寄ったら、なんと今日は休み。
会場で弁当だけ食べる。
霧雨のなか新宿まで歩いて向かい、世界堂で画材を購入してから帰宅。
徒労だった。

帰宅して日記などを書いてから、二一時、自律神経のリズムを戻すため風呂に入る。
身体を温めて読書しながら身体をクールダウンして、二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年07月12日(金) 体重66.3kg

昨日はなかなか寝付けなくて一時過ぎに寝たら、朝寝坊で九時起き。
外は雨がしとしと、陰気な空模様。

部屋にこもって単行本企画漫画の作業。
昨日読んだ資料を参考にノートにストーリーを書き出している。
今日は寒いので、長袖長ズボン靴下を履いている。

一六時頃雨が小雨になってきたので、昨日借りることが出来なかった資料を取りにいくため外出。
自転車を走らせると、霧雨がシャワーのように肌に当たる。
夏なのに暗く、寒い。
光が丘図書館と、隣町の成増図書館を回って一七時過ぎ帰宅。
小雨で服が濡れたので着替える。

一九時からDVDで映画鑑賞
『シュガーラッシュ』

二一時から読書、二三時に布団に潜り込むがなかなか寝付けない。
手足が火照って困っている。
 

この日ほか記事一覧

【食】19年07月12日(金)

朝食:なし。

昼食:エビ玉ネギセロリ人参のマリネ、鶏モモチャーシュー、ブロッコリカリフラワー、ホウレン草、野菜スープ、ラザニア。

夕食:エビ玉ネギセロリ人参のマリネ、鶏モモチャーシュー、卵かけカルボナーラ。

【食】19年07月11日(木)

朝食:鶏モモハム、ホウレン草、ブロッコリ、パントースト、野菜スープ。

昼食:エビ玉ネギセロリ人参のマリネ、カリフラワー、ブロッコリ、棒餃子、納豆、めかぶ。

おやつ:桃。

夕食:煮玉子水菜のせカレーそば、ホウレン草、ブロッコリカリフラワー、鶏モモチャーシュー。メンマ、エビ玉ネギセロリ人参のマリネ。

【日記】19年07月11日(木) 体重66.3kg

今朝も眠りが浅く、四時半頃目が覚めてしまって、仕方なしに布団から出る。
うだうだしている間に明るくなってきたので、五時過ぎ走りに出る。

より光ヶ丘公園を分ジョギング。
この数日ずっと曇りで時折雨がぱらつき、寒い。
今日も不穏な曇り空、陰気で湿った重たい空気。
今朝は結構たくさんの人が走っている。

The Doors『ハートに火をつけて』を聴きながら走る。
一九六〇年代のアメリカのロックの中で最高に好きなアルバム。中でも『水晶の舟』が好きすぎてこの数年はほぼ毎日聴いている。
筋肉少女帯のアルバム『レティクル座妄想』の一曲めで「レティクル座の入口ではジム・モリソンがあたしたちのために『水晶の舟』を歌って歓迎してくれるの…」という一節があるのだが、
大槻ケンヂ氏がエッセイ本で書いていた「『水晶の舟』を歌っている藤森さんって誰ですか?」
って歌詞を聞き取れなかったファンに聞かれたというエピソードが頭に残りすぎて、僕も『水晶の舟』を聴くたび「藤森さんが歌っている!」と思ってしまう。

帰宅して朝食、すごく眠くなってきたので、寝室に戻って布団に潜り込む。
ちゃんと目覚ましをセットしたはずなのに起きることができず、長い時間寝てしまいビックリしてとび起きると、セットしている途中で力尽き放り出された目覚ましが枕元に転がっていました。
よっぽど眠かったんだろう。

昨日の資料本読みの続き。
夕方、別の資料を図書館に取りに行こうと外へ出たら、雨が降ってきました。
早い時間のうちに取りに行けばよかった……と悔やんでももう後の祭り。
仕方ないので家にある資料を読み込み、単行本企画漫画のネーム作業の続き。

夕食でを終わらせ、DVDで映画を観ている途中に寝落ちしてしまう。
二一時から読書、二三時就寝。
なかなか寝付けず布団と仕事部屋を行ったり来たり。
 

この日ほか記事一覧

【日記】19年07月10日(水) 体重66.6kg

頑張って早起きの六時起床。

六時四二分より光ヶ丘公園を四九分ジョギング。
今日も肌寒い。
灰色一色だった空が昨日と比べまだら模様になっていて、黒い雲の隙間から薄青色が見えたり。
でも基本は薄曇り。
寒々とした樹々の中を走る。
13th Floor Elevators『Easter Everywhere』を聴きながら走る。
初期ピンク・フロイドやシド・バレットのようなぐんにゃりとした浮遊感のあるサイケだが、基本はちゃんと地に足がついているロック。
地に足がついている浮遊感だけど時折うねりに目が回る。

朝から資料の読み込み。
部屋の中で座って読んでいると寒気がするので長袖を上から羽織る。
一〇冊以上本を読んで、午後から図書館に追加資料を取りに向かうついでに走る。

一五時四二分より光ヶ丘公園を二四分ジョギング。
朝よりもっと不安定な空模様で、雲が厚くなっている。
朝と同じく13th Floor Elevators『Easter Everywhere』を聴きながら走る。
図書館に行くと「本が破れている」と指摘される。
身に覚えがない。弁償することになるけれど、四〇年以上図書館に通い続け、何千冊と借りてこんなのはじめて。

二一時に作業をいったん終了してプライベートの読書。
二三時就寝。
 

この日ほか記事一覧

【食】19年07月09日(火)

朝食:豆乳のポタージュスープ、トマト、ブロッコリ、ホウレン草のおひたし、鶏ももハム。

光が丘駅前のラーメン屋「青葉」で昼食:つけ麺大盛り。

夕食:ホウレン草、野菜スープ、納豆、めかぶ。

【映画】『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ユナイテッド・シネマとしまえんで鑑賞

シナリオの穴が結構あったんだけど、これはやっぱりCGがあまりにレベルが上がりすぎて昔の特撮のように「ピアノ線見えてる!」みたいな楽しみかたができなくなったから、そういう楽しみのためにわざと作ってるのだろうか。
だってこれだけの大作映画ならスプリクトドクター(シナリオの穴を直す人)だって大金を出して雇っているだろうから、こんなゆるゆるなのを見逃しているとしたら、もう、わざとやろ!! 
そもそも論でいうと、トニーがあんなドローン兵器を用意していたんならそもそもMARVEL映画の危機のいくつかはあれで解決できたはず。
まあそんなのは終わってから思ったことで、鑑賞中はただただ映像の快楽に浸っていた。
ヴィランのめくるめく特殊効果の表現は新鮮だった。

ラスト、メリー・ジェーンと主人公の橋の上のあのシーンは、涙を袖で拭いながら観ていた。
そしてビル街を二人で糸ビューン……あんな青春時代、僕も送りたかった。
頑張って肛門から糸を出さなきゃ!

【日記】19年07月09日(火) 体重66.5kg

四時半頃、唐突に目覚めて困ってしまう。
仕方なしに五時前に布団を出て、外へ走りに出る。

五時二〇分より光ヶ丘公園を四五分ジョギング。
表情のないのっぺりとした灰色の空。昨日よりも暗い。
今朝は肌寒く二〇度を切る気温、走っても汗があまり出ない。
走るにはちょうどいい気温かもしれないけれど。
今日は早い時刻だったので、あまり人が走っていなかった。
The Animals『Animalisms』を聴きながら走る。
ちょっと懐かしかったり先鋭的だったりいろんなテイストが混在している。
ロックが爆発的に広がり進化したこの時代、渾然一体となったアルバムが多い。いろんな方向へ伸びていく大樹の枝のように。
芸術とはこの世界の本質を切り取ったものだから、アーチストである彼らは炭鉱のカナリアのように時代の変化に敏感だったのだろうね。
まあ今から聴くとどこがアニマルなのかよくわからないけど。がおう。

帰宅して朝食後、七時過ぎ猛烈に眠くなってきて、寝室に戻る。
八時過ぎに起きて外出、練馬の耳鼻科へ。
先月のアレルギー検査の結果によると何もアレルギー反応は出ていないとのこと。
なのに鼻水は出てくるのは、医者いわく「鼻が敏感」。
これに尽きるらしい。

一〇時半、診察が終わったのでユナイテッド・シネマとしまえんへ向かう。
一一時二〇分から映画鑑賞。
『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』
一三時半過ぎ、映画館を出る。
編集者のNさんと電話で打ち合わせ。
帰る途中で、最近開店した駅前のラーメン屋で食事(イマイチ)。
駅前のショッピングモールで買い物してから帰宅。

一五時半から単行本企画漫画のネーム作業。
一七時頃また眠くなってきてうつらうつらしている。
眠くて夕食を作るのも億劫。
夕方以降は眠くて仕事に集中できなかった。

二二時から読書。
二三時布団に潜り込むがなかなか眠れず、午前〇時過ぎようやくまどろみ始める。
 

この日ほか記事一覧