作成者別アーカイブ: 松田望

松田望 について

のぞむよしおとは 松田望と中村好夫の二人は大阪府高槻市の高校で同窓生であり、共通の友人松尾直樹に紹介されコンビを組みラジオのお笑い番組で一九九一年のグランドチャンピオンになる。 一九九九年、再びコンビを組んで描いたギャグ漫画が週刊少年マガジンで入賞しデビュー。 少年誌青年誌パチンコ漫画誌実話誌で作者自ら出演するルポ形式の漫画新境地を開く。 二〇〇七年中村好夫が笑福亭鶴光師匠のもとに弟子入り(笑福亭羽光)、コンビは自然解消、松田望は単独で漫画を描き、現在に至る。

【日記】17年02月01日(水) 体重63.4kg

昨日多少遅く布団に入ったとは言え一〇時間近くも寝てしまうなんて……一〇時起床。
漫画の作業に集中できずずっとソワソワしている。
我慢できず外出、スシローで夕食。
帰宅ついでに業務スーパーで買い物。
ようやく漫画の下描き完成、スキャンしパソコンでブラシアップ作業。
二二時半に寝室に移動、布団に入って漫画をずっと読んでいる。
なかなか寝付けず、一時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年01月31日(火) 体重63.6kg

六時起床。
朝から漫画の下描き。
夕方から外出。
知り合いが神田で神保町で開催中とのこと、グーグルで事前に調べた場所が間違っていて、大混乱。
街の人に尋ね探し歩き、ギャラリーが終わるギリギリ直前に汗まみれで飛び込む。
一七時半ごろ会場を出て新大塚の図書館で本を借りる。
池袋に移動、先週からうどんづいていたので「はなまるうどん」で醤油うどんを食する。
豊島園駅行きの西武池袋線に乗車。
一九時頃からユナイテッド・シネマとしまえんの二階待合室で読書しながら開場時間を待ち、
二〇時半からIMAXシアターで映画鑑賞。
『ドクター・ストレンジ』
眠らずに済んでよかった。
二二時半に会場を出て二三時帰宅。
午前〇時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年01月30日(月) 体重63.3kg

昨晩遅く布団に入ったので定刻に目覚めることができず朝寝坊の八時半起床。
罪悪感でいっぱい、一日を初っ端から台無しにされた気分。遅寝は百害あって一利なし。

昨日の続きの部屋片付けに集中できず、散らかったままで仕事をすることが出来ない。
午後からたまったブログの日記つけ。
午前〇時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年01月29日(日) 体重64.4kg

六時起床。
部屋の片付けをするつもりが頭を切り替えることができず、机の前で長時間ボーッとしているだけで時間が過ぎていく。
ようやく行動開始、机周りだけ片付けを終えて作業を始めようとするともう一六時だった。
自転車で慌てて外出、一路三鷹へ、冬至から一ヶ月が過ぎ現地に到着してもまだ明るくて嬉しい。
クロッキー会に参加。
描きながら足が何度もつって飛び上がり、隣の人に心配される。
懇親会でMさんと話す。

一一時過ぎ、会場を出て自宅へ向かう途中、警察に職務質問される。
自転車登録している場所(自宅)から離れた場所で自転車に乗っていたのでおおいに怪しまれる。
「歩きならともかく自転車なら普通に二〇キロぐらい移動するでしょうが!!」
と頭のなかでずっと反芻していたけれどもあえて口には出さなかった。

午前〇時過ぎ帰宅、一時半就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年01月28日(土) 体重63.6kg

僕はちょっとしたことですぐ「我ともに世界よ滅べ!!」と強く念じてしまう。
だから逆に、ちょっとしたいいことが起こったときには(僕の念が実現化しなくてよかった)と心底思う。
僕の念が弱いことで世界は救われているのだ。

五時起床。
冷蔵庫のような実家を行き来してシャワーを浴び、朝食を食べ、朝の用意を急いで済ませ、五時五〇分に出発、六時七分の普通電車で大阪へ向かう。
七時前、まだ大阪は暗い。
歩いて梅田スカイビルに到着、昼行高速バスに乗車。
往路は座席の液晶テレビで映画鑑賞時して映像の不安定さに閉口したので、復路はおとなしく読書。
集中して二冊の本を読了。
往路と同様、天気がよく富士山が綺麗に見えた。
一五時過ぎ大崎駅に到着、新宿の世界堂で買い物。
一七時半より新宿三丁目で読書会BtoZに参加。
課題図書はジェイムズ・P・ホーガン『星を継ぐもの』。
概ね好評なようだが、僕はあまりピンとこなかった。
ぼくはいつも少数派で相手にされないですけど、僕はその物語が面白いこととと小説としていびつなことは別に捉えています。この物語はそのギャップが特に激しい、と思いました。『星を継ぐもの』、普通の小説として捉えたら変ですよ!
僕の言うことは相手にされず、落ち込む。
二次会のワインバー、場所が悪く片耳が悪い僕は隣の人の会話を聞き取ることができず、落ち込むばかり。

二二時頃いろいろなことが重なり落ち込みきって帰宅。
帰宅してポストに投函されていた●からの手紙を発見、罪悪感でいっぱいになってさらにさらに落ち込む。

年始にいやがらず一緒にカラオケに行けばよかった……
http://matsudanozomu.com/?p=24124

午前〇時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年01月27日(金) 体重64.4kg

九時起床。
最悪の目覚め、粘りつく眠気……横で寝ていた弟は身支度を終えてとっくに出ていた。
今日は接待ゴルフに行くとのこと。

自室で作業をしていると●から何度も
「のぞむ君いつ来るの」
と電話が入りイラッとする。

一一時頃病院に到着、病室の前で看護師と歩く●を発見。
足湯に入れた後、●が散歩したがったのでナースステーションの周囲を周っているとのこと。
病室に戻ると数人の看護師に囲まれる。
昨晩、●が目を覚ましてから落ち着かず院内をウロウロした後、病室に戻るのをいやがったので看護師の控室で朝まで過ごしたこと。
ベッドから落ちたこともあり、足の筋肉が衰えて危険なので、●がベッドから離れたらナースステーションに警報が入る処置をされたこと。
……●は以前から散歩が好きで寂しがりではあったけれども、モルヒネの副作用と病気への恐怖で、その性向が病的にデフォルメされていてとても悲しい気持ちになる。
自分もいつかこうなるときが来るのだろうか。
そのときそうなってしまった自分を頭に思い浮かべると気が狂いそうになる。

●は昨日同様落ち着かず、ベッドに腰をおろした途端に立ち上がり、自動販売機と病室の行き来を繰り返す。
そのたびに看護師がナースステーションから飛び出し、僕はすまない気持ちでいっぱいになる。
でも腎臓が悪いので五分毎にトイレに行くのは不可抗力なわけで……●もつらいだろう。

昼過ぎ母が来たのでみんなでドトールへ向かう。
昨日と引き続き●にハーブティー(僕はスイートポテト)を買う。

一五時頃病院を出る。
駅前の餃子屋で昼食を食べてから帰宅。
せっかく大きなザックに仕事道具を入れてきたのに、精神的に疲れて何もする気が起こらない。
夕食後、調子の悪い父のパソコンのメンテナンスをしていると深夜になってしまう。
弟が接待ゴルフから帰宅、少し話してから自宅へ向かう。
午前〇時就寝。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年01月26日(木) 体重62.8kg

六時に目覚ましがなったにも関わらず冷蔵庫のように部屋の外が寒くシャワーを浴びるため浴室へ向かうことができず引き返して布団の中に潜り込み、うとうと寝たり起きたりまどろんでいるうちに八時半、母の叫び声「ごはんやで!」でようやく布団から這い出る……結局一〇時間以上寝てしまった。
寝すぎで頭が痛い。

「のぞむ君まだ来ないの早く来て」
朝食を採った直後から●から何度も電話がかかってくる。
一一時前、父に車で送ってもらい、駅前の病院へ。
久しぶりに入る病院の中には喫茶店やレストラン、美容院やコンビニが並んでいて、独立した街のようだった。
(病院は並んでなかった)
●の病室へ向かう途中で、非常階段のガラス扉の前で看護師と佇む●を発見。
●は看護師にせがんでそこに連れてきてもらったようで、
ガラス扉からは病院の外……街の建物の谷間に僕の実家周辺がかろうじて見えていて、●は僕が来るのをずっとそこで待っていたのだ。
●がひっきりなしにせがむので車椅子に乗せ下のコンビニへ向かう。
ソーセージとヤクルトを欲しがったので購入、コンビニ内のテーブルで食べようとするが●は一口食べただけで「いらん」と放り出す。ヤクルトも容器が小さいにも関わらず半分ぐらいで飲むのをやめる。
おそらくモルヒネで朦朧としているせいで意識レベルが低くなり、何かしたいという衝動だけが前面に出て、それが本当に必要かどうか判断する能力がなくなっているのだろうか。
誤ってヤクルトをこぼし、店員さんにテーブル拭きを出してもらう。

病室に戻っても●は落ち着かず、ひっきりなしにベッドから立ち上がり何処かへ行こうとする。
腎臓の機能が低下しているのでトイレは五分に一度。
そのたびにナースステーションから看護師が飛び出してくる。
献身的な看護師の態度に頭が下がる。

なんで看護師って皆揃いも揃って可愛くて仕事ができて献身的なんだよ。
僕ももう少し若くてイケメンで背が高くてジャニーズに所属しているアイドルだったら盲腸で入院して剃毛されたかった。

●は昼食をひとくち食べてすぐ看護師を呼び出し、トイレで全部もどしてしまった。
パジャマの下の●の身体はガリガリに痩せ、昔見たアフリカの飢餓難民のようだった。
それでもベッドに落ち着いていられないようで、腰を下ろした途端すぐに立ち上がり、「ジュースが飲みたい」自動販売機のあるロビーへ向かおうとする。
ジュースを買って病室に持って帰ると一口で飲むのをやめ、またすぐに「ジュースが飲みたい」自動販売機のあるロビーへ向かおうとする。立ったり座ったり。

モルヒネによって人格が壊れていく●を見るのは辛い。
あたかも人間を演じようとしている人工知能のようで、チューリングテストに合格するかどうかも怪しいレベルだ。
正月にあったときもずっとボーッとしていて自然が定まらず、人格の一部が壊れたような印象があったのけれども、それでも今回に比べるとましだった。
会うたびにどんどんひどくなっていく。

●があまりにせがむので病室から病棟をいくつもまたいだ場所にあるドトールへ車椅子で連れて行く。
「おかあちゃんや」
●がドトール前のガラス壁外を歩く僕の母を発見、中に連れてくる。
ハーブティーを●に買い、病室につれて帰り、その後は母に託す。

ミング阪急高槻内のうどん屋「金毘羅製麺」で遅い昼食。
一五年近く前に香川のセルフうどん店「新宿麺通団」の讃岐うどんに衝撃を受けたものだが、こんな中途半端な街でもそれと変わらないものを食べることができるようになったのか……とまた違う衝撃。
父に頼まれた買い物で阪急電車で梅田へ向かう。
ヨドバシカメラでパソコン周辺機器を購入、とんぼ返りですぐ帰宅。
一七時前に帰宅して、自室で休む。

二一時過ぎ、弟が出張先から実家に寄る。
自宅(岐阜)に帰らず宿泊するとのこと。
深夜まで●のこと両親のことを話している。
 

この日ほか記事一覧


【日記】17年01月25日(水) 体重65.9kg

五時起床。
ギリギリの時間におにぎりを作って弁当箱に入れる。
六時に出発、七時二〇分に大崎駅西口のバス停から昼行高速バスに乗車、一路大阪へ。
富士山がくっきり見える。
清水のサービスエリアで弁当を食べる。
バスに揺られながら前の座席に取り付けられた小さい液晶モニターで映画を観ている。
どういうシステムになっているのかわからないが、しゃっくりみたいに映像が途中で止まって少し戻り止まってまた進みを頻繁に繰り返し、落ち着いて観ることができない。
たった二本を鑑賞するのに六時間近く費やしたうえ体力を消耗。

一五時一五分にバスは梅田スカイビルに到着、そこから阪急電車で移動、高槻の実家には一六時半到着。
夕方両親が帰宅、夕食時に●の話を聞く。
明日会うことが怖くなる。
空いた時間に少しだけ漫画下描きの続き。

実家のベッドで横になろうとしたら今まで見たこともない大きなカメムシがいて、どうやって外に放り出すべきか悩む。
調べたら「帰化昆虫」とのこと。
南方から荷物にくっついてきたものが最初は長崎いまは大阪の高槻まで生息地を広げているとか。

二二時半就寝。
 

この日ほか記事一覧