投稿者「松田望」のアーカイブ

【日記】14年07月24日 体重61.8kg

五時起床。

五時より光ヶ丘公園を四四分ジョギング。
霞む空、サウナのように空気が熱い。
Camelのアルバム「Mirage」を聴きながら走る。
格好いいかと思ったら、何かベタな、そっちに行くか〜って方向に曲が収束するからズッコケそうになる。

朝から漫画プロット。
午後も漫画プロット。
サウナのような自室で汗にべたつく身体に耐えられず、何度も何度もシャワーを浴びる。
夕方、食材を買うために市場へ買い物。
会計を終えて外に出ると、土砂降り、激しい稲妻……一時間以上、軒下で呆然としている。
目の前の鉄塔に雷が落ち、周囲は凄まじい光と轟音に包まれる。
それでも雨は止みそうにないので、豪雨のなか自転車を飛ばして帰宅する。
びしょ濡れ。
そんなこんなで映画を観る時間が無くなってしまう。

二二時就寝。


こんなもの食べた!・・・14年07月24日

こんな本を読んだ!・・・14年07月24日
【本】『何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ』岩崎一郎
【本】『アニメーターズ・サバイバルキット』リチャード・ウィリアムズ
【本】『 手塚治虫エッセイ集(5)』手塚治虫

【本】『何をやっても続かないのは、脳がダメな自分を記憶しているからだ』岩崎一郎

僕はアルコールもタバコもギャンブルもやらないが、それは依存症になりやすく弱い自分を自覚しているからであって、何かのきっかけがあれば負のスパイラルに入って抜け出せなくなる。今もそういう状態だ。

この書籍は、どうすれば依存や悪い習慣から抜け出すことができるか、自分でコントロールする方法について、脳科学の見地から具体的に書かれている。

タイトルからもっとスピリチュアルな、あるいは自己啓発的なものを想像していたのだが、その手の本が「前向きに考える」「悪口を言わない」などを前提に話を進めていくことにくらべ、この本は脳の機能を詳しく調べるとそういう「前向き……」なことをしたほうが脳のダメージが少なくて済むという結論に至る……そんな逆の流れが興味深い。

昨今の脳科学の進展は、目覚ましいものがあると感慨深い。アハ!

メモ:
●行動の九割は意志と無関係。

●習慣は、特定のシグナルがくると自動的に反応する。
朝→シャワー→着替え 

●習慣を変えるためには、潜在意識に訴えるのがよい。

脳は、目にした字の影響を受けやすい
味の強さは自体は変わらないが、味の心地よさは変えることができる。
EX.味の素を、
グルタミン酸ナトリウム→味気なく
濃厚でおいしい→味の心地よさが高くなる

EX.ダイエットなら
・食事のときにお気に入りの食器に移し替えてみる
・よい思い出の音楽や自然の音など
など五感に訴える環境で食事する。

●習慣に根性論はいらない。
EX.マシュマロの実験
1:歌を歌う、一人ゲームをする、目を閉じるなど、注意を別の方向に向ける。
2:マシュマロを塩辛い硬いものだと思ったり、頭の中でイメージを操り、工夫して誘惑に負けないようする。
∴「意志力」を鍛えるためには、「根性」よりも「想像力」を使ったほうが、余り無理をしないで習慣や行動を変えることができる。

●考えは紙に書くだけで扱いやすくなる。
自分の考えを紙に書く→
捨ててしまう:比較的忘れやすくなる
取っておく:意識に残りやすくなる

●苦手なこと
自分主観で想像する:苦手意識が強くなる
客観的な第三者視点で状況を想像する:苦手意識を取り除きやすい

●新しい習慣は、二〇〇回繰り返さないと身につかない

●習慣化するためには、脳が快になるような達成感が得られないと難しい

●ドーパミンが習慣化を促進:アミノ酸のチロシン→チーズ(パルメザンチーズ)、納豆、カツオ→習慣化を促進したい、ストレス状況下で集中したいときに有効。

●三日坊主をなくす方法
1:行動をきっかけにする。(逆に時間をきっかけにするのは有効でない)

2:きっかけ行動にする行動はわかりやすく特徴的なものを。
EX.起床、お風呂、食事……

3:行動の流れに注意を払う。
EX.電車に乗ったら英会話を聞く、など。流れ作業にしやすいもの。

4:協調計画を作る。
EX.ダイエットのとき、甘いモノを食べない→半分だけ食べる。美味しいものは週三回のご褒美の日に……など。

5:メッセージを使う。
定期的にメッセージを確認する。

6:自分の行動を管理する、もしくは記録をつける。

●計画を達成しやすいように前日あるいは事前に用意をする。

●人が行動を変えるときじゃアクション六〇秒以内の反応が大切。
早起きそのものが快になるよう、六〇秒以内に脳に刻みこむようにする。
EX.起きたらすぐに好きな音楽を聞く。
EX.スタンプカード方式

●習慣逆転法:癖をしていないときは褒めてもらう。
・アメとムチでなく、アメとアメなし
・イメージトレーニング→自分の癖が出る場面をイメージしてやめるところもイメージ。

優先順位
1:誘惑のない環境を作る。

2:その習慣ができないように別の行動をする。

3:詳細な記録をつける→自分を客観的に見る行為。

●自分のあやまちを認め、人を赦せる状態になると、痛みやストレスなどの感覚が和らぐ→依存症などの習慣を断ち切るためには、人生の意義を見い出し納得することも必要。

●海馬は一日七〇〇の細胞が新しくなる。

●習慣を変えるには身体を動かすことが一番。ただし、自発的でないとストレスホルモンが分泌される。

●脳を変える秘訣は、運動・食事・人間関係・考え方の四つ。
運動:有酸素運動は脳を活性化する。

食事:頭がよくなる食べ物オメガ3→魚に含まれている。逆にジャンクフードは麻薬と同じ。

人間関係:悪口は猛毒…子供のとき悪口を頻繁に聞く環境ほど、不安、鬱が多い。

考え方:感謝すると脳の厚みが増す。感謝日記をつけてみる。

【本】『アニメーターズ・サバイバルキット』リチャード・ウィリアムズ

レッスン1! 音楽を聴きながらの創作をやめよう! 
でも昨日読んだ手塚治虫氏のエッセイでは、仕事場で流す音楽のため音響設備にどれだけ金をかけたかということが書かれていて、まあ人それぞれだよね、と思う。
どんなジャンルであれ、意識を高く持つことが必要という象徴的な事例で、解釈は人次第ということか。

走る、歩くという基本的な動きの説明だけで全体の半分近く費やされている。ここで、漫画を描く上でも参考になるいくつかの素晴らしい示唆を発見することができた。

僕は今まで漫画を描いてきたにも関わらず、絵に動きという概念がないまま何となくやってきたので、目からウロコが落ちる思いだった。

【本】『 手塚治虫エッセイ集(5)』手塚治虫

キネマ旬報、パンフレットなど映画関係のエッセイ中心。
『人類創成』のアノー監督との対談を取材風に手塚氏自身が描いているのだが、人間性が垣間見えて、非常にイイ。

(アノー)「黒澤明はすばらしい!」
(手塚)「日本だからって提灯持ちはいいよ」
(アノー)「いや、ほんとだ。ぼくは『デルス・ウザーラ』のすごさにひかれて、『人類創成』を思い立ったくらいだ。(中略)」
(手塚)「『将軍』はどうですか」
(アノー)「いや……もうとても」と、アノーは顔をしかめて「最悪!」

【食】14年07月24日

朝食、マッシュポテトと豚ひき肉のグラタン、煮玉子とトマトとネギのラーメン。
2014-07-24_061453.jpg

昼食、焼きサンマ、サツマイモ、豆腐とシメジの中華卵とじ、サーモンと海 藻と豆腐皮とトマトとレタスのサラダ。

2014-07-24_124434.jpg

夕食、豆乳にフルーツグラノーラ。
2014-07-24_195322.jpg

【日記】14年07月23日 体重62.4kg

五時起床。
早起きしたのに、また机にうつ伏し二度寝してしまう。

七時一二分より光ヶ丘公園を四一分ジョギング。
七時になるともはや暑い、そして日差しが痛い。
Camelのアルバム「Mirage」を聴きながら走る。
インストゥルメンタル中心、クラシックやジャズやロックというより何かポール・モーリアを連想させる。
こう来て、こう格好いい展開が重なって……そこはベタに落ちるんか〜みたいな。

蝉が鳴く季節になって嬉しい。僕の友達は蝉だけだから。

午前中、部屋周りを片付けてから漫画のプロット。
昼食前、業務用スーパーで買い物。
午後も漫画のプロット。
エアコン無しの部屋が暑くなってくる。
今日は久しぶりに漫画だけに集中することができた。
もっと頑張らなければ。

寝室で本を読んでいると眠くなってきて、二一時就寝。


こんなもの食べた!・・・14年07月23日

こんな映画を観た!・・・14年07月23日
【映画】『ピラニア3D』:DVDで鑑賞。

こんな本を読んだ!・・・14年07月23日
【本】『手塚治虫対談集(3)』手塚治虫

【本】『手塚治虫対談集(3)』手塚治虫

漫画家、クリエイター中心の対談集。また松本零士氏と対談している!

●この本でも『キン肉マン』に何度も言及。

●星野之宣氏、大友克洋氏の絵は麻薬だが、描きやすいとも言う。疲れたらつい、大友氏のタッチがでてしまうとも。

●ラスト、石ノ森章太郎氏との対談、手塚氏の死後に掲載されたもの。対談中に胃を全部切除したことなど話している。脾臓の調子も悪いとか。
こういうものを描きたい、まだ描きたいことがたくさんある……手塚氏はこれから自分が描く予定の作品をずっと語っている。
それは自分の末期癌である容態を知らされていなかったからというよりも、死が近いことを薄々気づいているからこその焦りと無念のように見受けられる。
石ノ森氏と二人して憂いていることが、漫画のファッション化。最近の漫画家は気楽に描いて鬱憤がないように見えるとのこと。核戦争後を描くことはむしろ簡単、陳腐。白紙にはなんでも描ける。ファッションとしての舞台だ。近未来こそ描くことが難しい……

【映画】『ピラニア3D』

関係なさそうな事件をきっかけにして、事件が社会に波及していく、その広げ方が抜群にうまい。

水面下に潜むピラニアに気づかない主人公の視点と、主人公の母親である事件をいちばん俯瞰できる立場にいる保安官、主人公と彼女の視点と交互に映していく。

ピラニアに襲われているとわかった後、水辺で若者のパニックがエスカレーションしていく。
ステージのワイヤーが切れて飛び、水着姿の女性がたすき掛けに切断されずれた上半身だけ水中にドボン!
助けようとして向かってきたボートにぶつかって頭がチョーン!
もはやピラニア関係ないやんけ、と笑い転げる。
よくできたスラップスティック。

これだけの阿鼻叫喚もちゃんと一定のルールがあるから混乱しない。
因果応報どおり道徳によろしくないことをした人はより悲惨な最期を、そして主人公の縁遠い人から順番に死んでいく。

【食】14年07月23日

朝食、チーズとソーセージとトマトとレタスのサラダ、ネギゴマかけ豆腐、マッシュポテトと豚ひき肉のグラタン、甘辛シメジ炒め。
2014-07-23_090030.jpeg

昼食、マッシュポテトと豚ひき肉のグラタン、鶏モモのケチャップ炒めとサ ラダ菜とトマトのサラダ、ハヤシライス。

2014-07-23_130615.jpg

夕食、豆乳にフルーツグラノーラ。
2014-07-23_185143.jpg

【日記】14年07月22日 体重62.2kg

五時起床。
何とか二度寝せず行動を開始することができる。

七時八分より光ヶ丘公園を四一分ジョギング。
もうこんな時刻から日差しが強い。
昨日は久しぶりに雨が降らなかったので、本格的な暑さの予感。
Banco Del Mutuo Soccorsoのアルバム「Io Sono Nato Libero」を聴きながら走る。
普通にいい。

ここ数年の自分の行動を考えなおし、リスクマネジメントができていなかったことを実感。
自分の時間を他人に安売りしないよう自戒する。
昼前に市場で買い物。
午後から漫画のプロット。
エアコンのない部屋。
暑いが、風が吹いておりまだ耐えられないほどではない。
頑張ろう。

二二時就寝。


こんなもの食べた!・・・14年07月22日

こんな映画を観た!・・・14年07月22日
【映画】『オアシス』:DVDで鑑賞。

こんな本を読んだ!・・・14年07月22日
【本】『手塚治虫エッセイ集(4) 』手塚治虫

【本】『手塚治虫エッセイ集(4) 』手塚治虫

紀行文中心のエッセイ集。
宇宙観から地球観へ、そして徐々にピンポイントで世界の各地を旅した話に移行していく。
手塚氏が、南米やイースター島へ精力的に旅行していた頃、古代宇宙飛行士説を唱えたデニケンの超古代文明本がベストセラーになっていて、手塚氏の旅行記もそれを意識したものになっている。
同時期に発表した『三つ目がとおる』は超古代文明にまつわる漫画だったが、手塚氏は超古代文明ブームをフィクションと捉えており、あくまでそれを現代文明の比喩として描いたことがこの旅行記の眼差しではっきりとわかる。

【映画】『オアシス』

あくまで僕の偏見なのだが……韓国映画は、
「こんなに自分は相手のことを思っているのにどうしてわかってくれないんだ!」
という思いの押し付け、すれ違いを描いていることが多いように思われる。

この映画も、そういう思いの押し付け、すれ違いが物語の主軸だ。
脳性麻痺のヒロインに対する主人公の一方的な思い。いきなり求愛するまでの段取りが性急かつ一方的。何故かヒロインはその気持を受け入れる。

途中で、主人公が兄の身代わりで刑務所に入っていたということがわかってくる。彼を疎ましく思うと同時に何かあるとかばおうとする家族にとって主人公は、自分たちの罪を一身に背負う原罪のような存在。
同じように、家族から隠されるように日当たりの悪いアパートに住まわされているヒロイン。彼女の家族はあきらかに障害を持ったヒロインを恥じている。しかし彼らはヒロインのために用意された障害者用の設備のいいマンションで生活しており、高い水準の生活を維持しているのは彼女のおかげなのだ。
主人公とヒロインは二人とも似たもの同士なのだ。

しかし二人が結ばれようとしたとき、
「こんなに自分は相手のことを思っているのにどうしてわかってくれないんだ!」
今度は、主人公とヒロインに対して周囲の無理解の攻撃にさらされる。
純粋な気持ちを理解できない社会、家族は、障害者をレイプしようとした犯罪者として主人公を扱う。主人公は警察に逮捕される。ヒロインの訴えをちゃんと聞くことなく、家族と警察は調書をレイプとして受理する。
ヒロインは抗議して暴れるが、
「こんなに自分は相手のことを思っているのにどうしてわかってくれないんだ!」
その行為自体も、レイプされて悲しがっている、興奮しているとしか見てくれない。

……このボタンの掛け違いが今日の日韓関係を象徴しているようで興味深い。

【食】14年07月22日

朝食、カレーライス、トマトと生ハムとレタスとサラダほうれん草のサラダ 。
2014-07-22_054936.jpg

昼食、餃子、ネギゴマかけ豆腐、マッシュポテトと豚ひき肉のグラタン、焼 き鯖、生ハムとサラダホウレン草とソーセージとトマトのサラダ。

2014-07-22_130822.jpg

夕食、豆乳にフルーツグラノーラ。
2014-07-22_183339.jpg

【映画】『愛と追憶の日々 』

正直、この映画はどう受け取ったらいいのかわからなかった。

本当に浮気したのか確証もないのに大騒ぎして実家へ変える主人公。そのくせ自分も浮気を始める。それも純愛を貫くわけでもなく、耐え忍んだ挙句の本当の愛を見つけたわけでもなく、普通の平凡な浮気。
バスルームで浮気相手と電話していて、入って用を足そうとする子供を邪険に扱うシーンは観ていられない。

主人公の母も何を考えているかわからない。
モテたい女子的な願望と年齢が折り合いをつけることができない、主人公と同じような感情が先に立つ女性の将来を描いている?

ラスト、主人公が唐突に悪性腫瘍で死の床に。しかし今までの流れで、好き勝手にやった因果応報だと思ってしまう。
死ぬ間際に息子を呼んで、
「お母さんのことが好きなのはわかっている」
という上からの物言いにもうんざり。

自分の父親がガンになったとき、見舞いに行ったら今までと変わらない態度と上からの物言いで、
「この人(父親)は最後までこんななのか……」
とうんざりして足が遠のいたことを思い出す。
ま、それも今から二〇年前、普通に父親はガンが完治してピンピンしてるんですけどね。

【食】14年07月21日

朝食、煮玉子とチーズとトマトと海藻とサーモンとレタスのサラダ。豆腐の 冷かけご飯、鮭とチキンナゲット。
2014-07-21_070431.jpg

昼食、鶏カツ、餃子、マグロとタマネギのマリネ添えアボカドとトマトとソ ーセージとレタスのサラダ。

2014-07-21_124200.jpg

夕食、豆乳にフルーツグラノーラ。
2014-07-21_183304.jpg

【日記】14年07月21日 体重62kg

五時起床起床。
あまりの寒さに何もできず、仕事部屋の椅子に座って二度寝してしまう。

五時五三分より光ヶ丘公園を三六分ジョギング。
走っているあいだに太陽が雲間から顔をのぞかせ、冷えた地面が温まり公園は水蒸気で覆われる。
僕の進行方向の逆側から、老人が集団で歩いてくる。
よろよろとあるくさまはまさにウォーキング・デッド。
Banco Del Mutuo Soccorsoのアルバム「Darwin!」を聴きながら走る。
心地よい。嫌いでない、むしろ好き。

ブログを更新するつもりだったのだが、隣室の住人から音の苦情が出たので、音が迷惑にならないようなスピーカーをパソコンで探している。
そして時間が潰れる。

はっきりしない空模様だが、少なくとも雨は振りそうでないので業務用スーパーで買い物。
午後から晴れてきたので、洗濯物を干す。
相変わらず、日々の資料整理で身動きできず、馬鹿みたい。

二二時就寝。


こんなもの食べた!・・・14年07月21日

こんな映画を観た!・・・14年07月21日
【映画】『愛と追憶の日々 』:DVDで鑑賞。